英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

無料英会話教室: バカげたこと言わないで。 

短い表現シリーズを続けます。

簡単だけど意外に出てこないかもしれない
英語表現です。


■英語で言ってみよう!

 バカげたこと言わないで。


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。

    ヒント1: "do" を使います

    ヒント2: "not" を使います

        ↓



■ネイティブの英語: 

 Don’t be ridiculous.


日本語では、「バカげたことを言うなよ」 と表現しますが、英語では
「バカげた人間になるなよ」 という言い方をします。

もう少し説明的に訳すとすると、「バカげたことを言う人間にはなるな」
といった感じです。

この辺も、日本語と英語の発想の違いが表れていて面白いです
よね^^

類似表現に、
Do't be silly.  があります。

ふつうなら、ここで話が終わるところですが・・・

じつは・・・

Don't be ridiculous. も、Don't be silly. も
謙遜や控えめさを示す表現として使われる場合があります。

それは、以下のような文脈です。

A: Thanks for answering my questions.
(質問にお答え頂き、ありがとうございました)

B: Don't be silly, thanks for trusting me.
(とんでもない。信頼してくれて、こちらこそありがとう。)


上記のとおり、この場合の Don't be silly. は、日本語の
「とんでもない」 とか、「どういたしまして」といった意味合いに
なります。

英語は文脈によって意味が変わる、ということを繰り返し
お伝えしていますが、Don't be silly/ridiculous. などは
その良い例ですね。

<クリックして頂けると順位が上がって、励みになります。
    ↓  ↓  ↓  ぜひ、愛のクリックをお願いします。>


人気blogランキング 
  英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
  英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。
[ 2007/09/27 13:17 ] 呼びかけの英会話 | TB(0) | CM(6)

Don't be silly.はふざけないでよみたいな時にしか
つかえないものだと思っていました。
本当に文脈によってこんなにも使い方が違うんですね。
勉強になりました。
[ 2007/09/27 13:29 ] [ 編集 ]

I'm a silly old English lover

こんにちは。
マイナスイメージでないsillyというと、「くまのプーさん」の中のクリストファーのセリフ"Silly old bear"(プーのおばかさん)を連想しましたが、お礼に対しての応答に使う例は初めてです。
思わず英英辞典引きました…オンライン辞書だけど。
→1 stupid
(例文ほか)silly games/hats
I feel silly in this hat.
It's a bit silly spending all that money on something we don't need.

2 small and not important
She gets upset over such silly things.

---て調べると、今度はstupidが気になってきて、英英辞典引き連鎖が止まらなくなってしまうv-12
[ 2007/09/27 16:19 ] [ 編集 ]

こういう短い単語って面白いですね。
英語の幅が広がります!
[ 2007/09/27 22:58 ] [ 編集 ]

まめっちママさんへ

なかなか面白い例ですよね。

当初は、もともとの意味だけご紹介するつもりでしたが、ふと思い出したので、後者の意味もご紹介しておきました。
[ 2007/09/28 13:35 ] [ 編集 ]

しばさんへ

こういう使い方は、日本人にとって意外で、びっくりしますよね^^

「それは褒めすぎですよ」→「言いすぎです」→「おかしなことを言わないでください」といった感じですね。
[ 2007/09/28 13:41 ] [ 編集 ]

きょうかさんへ

なかなか面白い使い方ですよね。
文脈により意味が変わる良い例だと思います。
[ 2007/09/28 13:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1english.blog76.fc2.com/tb.php/550-6e83320e






SEO対策:英会話 SEO対策:英語 英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。