英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

sir と madam の使い方 -- アメリカ英語編 

ご存知のとおり、英語には sir や madam (もしくは、その短縮形の ma'am)という言葉があります。

日本ではあまり知られていないのですが、アメリカ英語とイギリス英語では、この2つの使われ方は、かなり異なります。

そこで、きょうは sir と madam をめぐるアメリカ英語とイギリス英語の違いについて書きたいと思います。

まずは、アメリカ英語から行きます。

日本で放映・放送されている海外ドラマや映画は、アメリカ発のものが多いですから、日本人の英語学習者は比較的アメリカ英語に慣れていると言えます。

なので、アメリカ英語における sir と madam の使い方にも慣れているかたが多いかもしれませんね。

前置きはこのくらいにして、具体的な話をすると・・・

アメリカ人は、相手をファーストネームで呼ぶ人も多く、オープンでカジュアルなお国柄というイメージがあると思いますが、あまり親しくない人に対しては、 sir やma'am (スペルも意味も mom とは違う点に注意)、miss などの言葉をよく使います。

例えば、通りすがりの男性(いわゆる stranger)がハンカチを落としたとして、それを教えてあげたいと思ったら

"Excuse me, sir, I think you dropped this."
(あの、これ落としましたよ)

というように、sir を使うのが普通です。

※敬意を表すための sir や miss は小文字で表示されることが多いです。

とくにアメリカの南部では、土地柄として、目上の人や通りすがりの人に話しかける際に、sir 、ma'am、miss などの言葉は必須といっても良いくらいです。

南部の子供たちは教師や両親、大人たちに対してイエス、ノーの返事をするときには、"Yes, sir" とか"No, ma'am"という答えをするように、しつけられるケースが多いようです。

また、アメリカの警察官は、一般人に話しかけるときに sir 、ma'am、miss を使います。

ちなみに、スピード違反で捕まえた相手に対しても、同様に sir 、ma'am、miss を使うのが普通です(笑)

もちろん、相手が凶悪犯だったり、相手に対してひどい不快感を感じている場合は別ですが。

さらに、百貨店などでは、お客さんが若い女性店員に売り場を尋ねる際に、
"Excuse me, miss, but where is the shoe department?" 
(すみません、靴売り場はどこですか?)
のように sir 、ma'am、miss を使うのも、それほどめずらしくありません。

もっとも、相手の名前を知っている場合には、Mr. Smith とか、Mrs. Cooperと呼びますし、相手と親しい場合はファーストネームを使うのは、ご存知の通りです。

とはいえ、付き合っているカノジョの父親と初めて会ったときなどは、当然、相手の名前を知っているわけですが、初対面のぎこちなさもあって"Sir, what's your favorite TV show?" と言ったりすることも、めずらしくないようです(笑)

さて、アメリカ英語の説明が長くなったので、イギリス英語における sir と madam については、次回の記事に持ち越すことにします。 

ブログの順位がやや下がり気味です(汗)。「いつもクリックしてるよ」というかたも、「そういえば最近クリックしてなかった」というかたも、「ランキングのクリックなんかした事ないよ」というかたも、クリックして頂けると嬉しいです^^

<クリックして頂けると順位が上がって、励みになります。
    ↓  ↓  ↓  ぜひ、愛のクリックをお願いします。>


人気blogランキング 
  英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
  英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。


親密度と丁寧度

こんばんは。
アメリカ英語のsirやma'amなどの使い方、中国語の"nin"(2人称の敬語)と凄く似ています。
子が親に話す時もninです…までは学習しましたo(^-^)o

今は実質お休みみ中ですが、TOEICスコアUPを果たしたらまた中国語も頑張りたいです…
[ 2007/08/24 18:52 ] [ 編集 ]

スピード違反で捕まえた相手に対してもsir 、ma'am、missを使うというところがおもしろいですね。
応援3連発して帰ります。(笑)

[ 2007/08/24 22:18 ] [ 編集 ]

しばさんへ

なるほど。英語(アメリカ英語)と中国語は、そんな所が似てるんですね。

おそらく中国(および韓国)の場合は、儒教思想のバックグラウンドがあるので、親に対しても敬語(?)を使うんでしょうね。昔の日本もそうだったみたいですが、いまは・・・(^^;
[ 2007/08/25 11:54 ] [ 編集 ]

まめっちママさんへ

アメリカ英語では、sir 、ma'am、miss といった言葉が、見知らぬ相手を同じ人間として尊重していることを示すキーワードなのかもしれませんね。

いつもクリックありがとうございます^^
[ 2007/08/25 12:02 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/05/09 12:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1english.blog76.fc2.com/tb.php/516-f1b30938






SEO対策:英会話 SEO対策:英語 英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。