英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

無料英会話教室: 息が切れたら、歩くペースを落としましょう。 

ウォーキング関係の英語表現です。


■英語で言ってみよう!

息が切れたら、歩くペースを落としましょう。


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。

    ヒント1: "down" を使います

    ヒント2: "if" を使います

    ヒント3: "breath" を使います


        ↓



■ネイティブの英語: 

Slow down if you get out of breath.


「息が切れる」は、get out of breath

全力疾走した後などに、息苦しくてハアハアいっている状態です。

プリンタやコピー機などの紙が切れた場合、
We are out of paer. と言いますが、

息が「切れた」 場合にも out of... を使うのは、日本語とも共通点が
あって 面白いですね^^

ちなみに、少しだけ息が切れる場合は、
get a little out of breath を使います。

「ペースを落とす」 は、シンプルに slow down でOKです。
slow down the pace と言うこともできますが、結局同じことなので
シンプルなほうが良いと思います。

ウォーキングのときには、会話ができるくらいのペースで歩くのが
いい、と言われていますが、その理由は、体や心臓に負担を
かけないようにする、というだけでは、ありません。

脂肪を燃やすためには、一定の心拍数の範囲内で歩かないと
あまり効果がないからです。

ちょっと難しい話になりますが、有酸素運動は最大心拍数の
65%~85%の範囲内で行うのが効果的だと言われています。

心拍数がこれ以上でも、これ以下でも、脂肪燃焼の効率が
悪くなります。

とはいえ、専用の装置を持っていない限り、運動中の心拍数の
変化を正確に測ることは不可能です。

そこで、その目安として、ふつうに会話ができるくらいのペース
(=息が切れない程度のペース)なら、最大心拍数の
65%~85%の範囲内だろうというわけです。

じつは私は、一時期、この分野にかなり興味をもっていたので
運動中の心拍数を計る装置も持っていたりします(^^;

こんな装置です。→腕時計みたいでしょ。
胸の辺りに巻くバンドとワンセットになっています。

けっこう値段がはるので、本格的にやろうと思う人だけにしか
お勧めはしませんが、あると便利なことだけは確かです。

それにしても、 我ながら、最近、ヘルス&フィットネスの
サイトみたいな記事が多いですね(^^;

<クリックして頂けると順位が上がって、励みになります。
    ↓  ↓  ↓  ぜひ、愛のクリックをお願いします。>


人気blogランキング 
  英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
  英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。


[ 2007/07/20 17:40 ] スポーツに関する英会話 | TB(0) | CM(4)

本当に時計みたいなんですね。
でもすごく高いです・・・・(汗)
ここまで買ってやってる塚本さんてかなり健康マニア
なんですね(笑)
(すいません。悪い意味ではないですよ。)
それにしても最近、加齢のせいか脂肪が燃えませんね。
そんなに食べてもいないし、車にものらず、歩きなのに・・
う~ん。パソコンの前に座りすぎなのかも・・・
[ 2007/07/20 19:35 ] [ 編集 ]

まめっちママさんへ

じつは、私のメンターの一人が強く勧めていたので、それなら・・・と買ってみたんです。とくにジムに通ってた頃は重宝しました。あ、私が持ってるのは、安い機種ですよ(笑) 基本機能はみんな一緒なので。

>それにしても最近、加齢のせいか脂肪が燃えませんね。

脂肪は一定の条件を満たしてやらないと燃えないんです。詳しくは今日の記事および、ここ2~3日の記事を参照してくださいね。

あと、痩せるためにいいのは筋肉の量を増やすことです。基礎代謝が高まるので。
[ 2007/07/20 20:03 ] [ 編集 ]

脈拍チェック

こんばんは。
思えば、ジムのサーキットトレーニングでも、大体12~3分おきに「脈を計ります」ってアナウンス入ります。
5歳刻みの年代別の目標心拍数表がジムの壁に貼ってあって、運動ペースを調整します。
私は、息がさほど上がってなくても脈がかなり速い傾向にあるんで、気をつけないとv-12
[ 2007/07/21 02:03 ] [ 編集 ]

しばさんへ

なかなか、しっかりしたジムですね。
それに、サーキットトレーニングができるって事は、かなり広いスペースがあるジムだってことですよね^^

>私は、息がさほど上がってなくても脈がかなり速い傾向にあるんで、

年代別の表(平均値)は、確かにひとつの目安にはなるんですが、最大心拍数には個人差があることも事実なんです。脈が速いしばさんは、もしかしたら同年代の人よりも最大心拍数が多いのかもしれませんね。

ちなみに、若い人ほど最大心拍数は多い傾向にあるので、これはもしかしたら、褒め言葉かも??(笑)

あ、ちなみに、私も同年代の平均値より、最大心拍数が多い人間です。ま、あくまでも上記の「腕時計」装置で計った結果ですが。

(注)本来、最大心拍数は医師の管理のもとに計るべきものなんです。
[ 2007/07/21 11:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1english.blog76.fc2.com/tb.php/485-20451b1e






SEO対策:英会話 SEO対策:英語 英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。