英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

無料英会話教室: パーティーはどうだった? 

What...like? シリーズと対比されたりする英語表現です。


■英語で言ってみよう!


パーティーはどうだった?(楽しかった?)


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。

    ヒント1: "be" を使います

    ヒント2: "the" を使います

    ヒント3: "party" を使います


        ↓



■ネイティブの英語: 

How was the party?


この場合の how は、How are you? の how と同じです。

How are you? は、もともと相手がどういう状態にあるかを
尋ねる文章ですよね。

それと同様に、How was the party? は、ふつう、相手にとって
パーティーがどういう状態だったか(楽しかったかどうか)を
尋ねる質問です。

A: How was the party? (パーティーはどうだった?)
B: It was fun. (楽しかったよ)

・・・といった感じの受け答えになります。

以下の類似表現も、すべて相手にとってどうだったかを尋ねる
表現です。

How was the movie? (映画どうだった?)
How was the concert? (コンサートどうだった?)
How was the flight? (飛行機の乗り心地はどうだった?)

ちなみに・・・

What was the party like? と言えば、相手にとってどうだったか
も含みますが、むしろ、もう少し客観的に、どんなパーティー
だったか(パーティでの出来事など)を尋ねるニュアンスになります。

ところで・・・

How was the party? と尋ねられて It was fun. と答えるまでは
よくても、相手の外人も(?)意外に口下手で、あとはシーンとして
気まずくなる事もあるかもしれません(笑)

そういう場合は、次のような感じでパーティーであったことを
そのまま話せばいいと思います。

こんな他愛のない話でも、口に出して言えば、それなりに会話が
盛り上がるはずですので。

It was fun. We played games, ate, laughed, and talked, and just had a really nice time. We had really good conversations. The mood was light and casual. It was really cool. I wish you could've made it!

目的が話を膨らませる、ということなので really を多用したり、かなり長めの例を出しましたが、実際はこんなに長くする必要はありません。

It was fun. とか It was OK. とかだけでも立派な答えですし。

口下手の外人相手に話を膨らませたい場合の一例と思って
ください。(笑)

<クリックして頂けると順位が上がって、励みになります。
    ↓  ↓  ↓  ↓  どうか、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
  英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
  英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。

[ 2007/07/04 13:12 ] パーティの英会話 | TB(0) | CM(12)

How was~?実はこう聞かれるのが結構苦手なんです。
漠然としてて、どこから何言ったらいいのかって
考えてしまって。
結局、It was fun.とかで終わって後が続かない。
娘もこう聞くと、「ふつう」とか「別に」で
終わって・・どうしたらいいんですか?って感じに
なります。
話のきっかけにはいい質問なんですが、自分が答える時は
困ってしまうんです。
英語力がないせいで、話を膨らませることができない
典型ですよね。
娘の場合はちょっと違って単に面倒で聞かれたくない
だけのようですが・・・
[ 2007/07/04 14:13 ] [ 編集 ]

まめっちママさんへ

まめっちママさんのようなかたも多いかと思いますので、記事に、答え方の一例を追加しておきました^^ 多少は参考になるかと思います。

>英語力がないせいで、話を膨らませることができない

これは一見、英語力の問題のように見えて、じつはそうでないかもしれません(^^; 英語力のあるなしと、話し上手(または聞き上手)って、あまり関係ないような気がするんです。

英語はカタコトなのに会話が盛り上がる人もいれば、英語力が高くてもシーンとしてしまう人もいるので(^^;
[ 2007/07/04 16:23 ] [ 編集 ]

How was the party? も What was the party like? も同じようなもんだと思ってました!!というかむしろ逆(前者が相手にとってどうだったか、後者が客観的に尋ねてる)ぐらいの認識でした!!トンチンカンな受け答えになってたこともあるかもしれないですね(^_^;
いや~、今日も貴重な勉強が出来ました。ありがとうございます。
[ 2007/07/04 20:00 ] [ 編集 ]

ありがとうございます

わざわざ口下手な?私のために追加の記事まで
書いていただいてありがとうございます。
おっしゃるとおり、本当は英語力より自分の
話す気力の問題なんです。
どうも相手が日本に長くいたりする外人の場合
私は、なんで最初から英語で話すのが当然みたいな
ことになるの?と反発してしまい、日本語話せと
心で少し思ってしまうからなんです。
相手に悪気はないと思います。
日本人の悪いくせで、外人に出会うと英語でないと
だめかのように、相手が日本語ぺらぺらでも英語を話そう
とする人がとても多いからかもしれません。
もっと素直に英会話で盛り上がってもいいのかも
しれませんね。
[ 2007/07/05 08:49 ] [ 編集 ]

特別な事を言わなくても、易しい単語を並べてandでつなげても会話は盛り上がるのでしょうね。
とにかく黙ってしまわないで何かを言うことが大切だと改めて思いました。
[ 2007/07/05 09:48 ] [ 編集 ]

私は沈黙が怖くて(笑)、会話する時はとにかく簡単な単語でつないでますけどね~。わけのわかんないこと言ってるかも(^^;

やっぱり最後は、「話す気力」とか、「会話のセンス」にかかってくるのかな~? と思いながら、日々英語を勉強しております。

文法シリーズも楽しみにしてます。
[ 2007/07/05 11:55 ] [ 編集 ]

Mojoさんへ

>むしろ逆(前者が相手にとってどうだったか、後者が客観的に尋ねてる)ぐらいの認識でした!!

あれ?それで記事の内容とピッタリ一致してますけど??
もしかして「答え方の一例」の部分でこんがらがっちゃいました?

[ 2007/07/05 13:15 ] [ 編集 ]

まめっちママさんへ

>日本人の悪いくせで、外人に出会うと英語でないとだめかのように、相手が日本語ぺらぺらでも英語を話そうとする人がとても多いからかもしれません。

まあ、日本語ぺらぺらの外人ってそういませんから、外人=英語という先入観が日本人にあるのは、ある程度、仕方ないでしょうね。

私の限られた経験からいうと、日本語を話せる外人は、むしろ日本語で話したがる傾向があると思うんですが・・・? それにも関わらず英語で話しかけてくるとしたら、まめっちママさんの英語力が高いと認識しているのかもしれませんよ^^ 

もしくは、まめっちママさんが、(多くの英語学習者と同じく、練習のために)英語で話したがっていると勘違いしている可能性があります。

相手が日本語を話せるなら、英語で尋ねられても、日本語で答えてみてはいかがでしょうか。むしろ、そのほうが喜ぶ可能性もあります。

>もっと素直に英会話で盛り上がってもいいのかもしれませんね。

日本語が通じる相手なら別に英語で話す必要はないと思いますよ。

ちなみに、私は日本語がカタコトでも話せる外人相手のときには、できるだけ日本語でコミュニケーションをとる努力をします。それが礼儀だと思っているので。

相手の日本語能力ではちょっと限界だな、と思った時点で英語に切り替えればいいと思います^^
[ 2007/07/05 13:31 ] [ 編集 ]

きょうかさんへ

私も(?)英語でちょっと気の利いたことを言って、相手を感心させるのは好きなんですが(笑)、それと会話の盛り上がりは、あまり関係ないですよね(^^; むしろ、聞き上手のほうが、会話は盛り上がるような気もします。

それに万一、言葉ではうまく表現できなくても、身振り手振りを加えれば、けっこう楽しくコミュニケーションが取れますし^^ 
[ 2007/07/05 13:45 ] [ 編集 ]

るーさんへ

>私は沈黙が怖くて(笑)、会話する時はとにかく簡単な単語でつないでます

じつは私は、日本語でも英語でも沈黙はけっこう平気な人間です(笑) とはいえ、いつも何かしら話題を見つけることはできますが(笑)

>やっぱり最後は、「話す気力」とか、「会話のセンス」にかかってくるのかな~? と思いながら

日本語も英語も、コミュニケーションのツールであるという点では、まったく一緒なんですよね。

日本語でコミュニケーションが上手くとれる人は、英語でも、コミュニケーションが上手のような気がします。
[ 2007/07/05 13:55 ] [ 編集 ]

みなさんのコメント、とても面白く読ませて頂きました。
私の場合は、ネイティブの中に一人いる日本人外国人なので、シチュエーションが違うとは思いますが、、、
それにしても、How was~?と尋ねられる事は多いです。会話を始める定型句といえますね!
最初は、「答えないといけない!」というプレッシャーで、すごくいやだったのですが、ある時、これはもしかしたら、私が会話しやすいように、テーマを与えてくれているのかもしれない、と思いました。
ネイティブの中にいると、どうしても受身の会話になりがちなので(私はそれで平気なのですが・笑)会話を引き出そうと気遣ってくれているようです。
以来、気楽にベラベラ喋れるようになりました。
それこそ、身振り手振りなんでもアリです(笑)
もっとも、些細なことでも、面白がって喜んでくれるカナダ人の寛大さに助けられてこそ、ですが。。。
[ 2007/07/06 10:27 ] [ 編集 ]

青空さんへ

>ある時、これはもしかしたら、私が会話しやすいように、テーマを与えてくれているのかもしれない、と思いました。

そうなんですよね。社会人になりたての頃、会社の関係で、英語コミュニケーションのセミナーみたいなもの(記憶がおぼろげ(^^;)に参加したことがあるんです。

ネイティブ講師たちが、決まって What do you think about it? と尋ねてくるので、たまりかねた受講生の一人が、「質問が漠然としていてどう答えたらいいかわからない。」と文句を言ったんです。

その答えは、「(私たちネイティブにとっては)できるだけ自由に答えられるように(=どんな答えでもいいように)という配慮なんです。」でした。

それ以来、ネイティブたちの漠然とした質問にも、いくらか寛容に(笑)なりました^^
[ 2007/07/06 12:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1english.blog76.fc2.com/tb.php/470-806c2a7e






SEO対策:英会話 SEO対策:英語 英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。