英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

無料英会話教室: キャベツを千切りにして。 

食事・料理関係の英語表現の続きです。


■英語で言ってみよう!


キャベツを千切りにして。


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。


    ヒント1: "the" を使います


    ヒント2: "cabbage" を使います


    ヒント3: あと1語



        ↓



■ネイティブの英語: 

Shred the cabbage.


shred の定義は、英英辞書によって多少異なりますが、
基本的には、「細長く切る」というイメージを説明している
辞書が多いです。

日本語でいう「千切り」 ですね。

念のため8名ほどのネイティブに確認したところ・・・

料理関係の話であれば、ナイフで細長く切るという意味で
間違いないようです。

(参考)一人だけ、 「shred だと、手でちぎる感じがするので
    私なら cut を使う」というネイティブもいまいた。

Slice the cabbage. としてもOKですが使用頻度は少ないです。

ネイティブたちに言わせると、shred と slice を比べると、
shred は雑に切るイメージがあるようです。

オフィスによくあるシュレッダーで裁断された紙を見ると、
たしかにそんな感じもしますよね。

千切りは、雑に切っても問題ない(はず?)ですから
shred で良いと思いますが、丁寧に切る感じを出したいなら
slice を使うのもいいかもしれませんね。

なお、和英辞書などに載っている説明的な英語表現を使っても
OKです。

(例) Cut the cabbage into strips.
    Cut the cabbage into fine strips.
    Cut the cabbage into thin strips.

ところで、なぜ「千切り」 というかご存知でしょうか?

広辞苑を引いてみたところ・・・

語源については書いてありませんでした(^^;

でも、「大根などを線状に細かく切ること」 という定義があった
ので、おそらく「線状に切る」→「線切り」→「千切り」という
感じかな?と思います。

「正解」 をご存知のかたは教えてくださいね^^

<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
  英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
  英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。

[ 2007/06/19 14:10 ] 食事・料理の英会話 | TB(0) | CM(8)

>shred だと、手でちぎる感じがするので

なるほど!そういうニュアンスも含んでいる、ということは頭の隅においておきます!

シュレッダーといえば、以前、私が手にしていた(アイロンをかけようとして)ワイシャツがシュレッダーに入って「千切り」になってしまったことがあって(まるで漫画かコメディーのようでした!)すごくびっくりしたことがあります。

今はネコもいますので、しっかりコードの電源を抜いています(笑)
[ 2007/06/19 15:41 ] [ 編集 ]

きょうかさんへ

>ワイシャツがシュレッダーに入って「千切り」になってしまったことがあって

それはすごいですね(笑)
たしかにワイシャツの素材はシュレッダーするのに適してるかも(笑)

私もネクタイをしているときは、ネクタイがシュレッダーに入らないよう、気をつけます(笑)。
↑お笑い番組か何かで、そんなシーンを見たことがあるので(笑)
[ 2007/06/19 16:03 ] [ 編集 ]

シュレッダーは結構危ないですよね。
子供のいる家では危なくておけないです。
指切断事件が結構おきてるみたいなので、怖い怖い。
[ 2007/06/19 20:28 ] [ 編集 ]

まめっちママさんへ

子供は好奇心旺盛で、何にでも手を出しちゃいますから、十分気をつけないといけないですよね。

まあ、まめっちママさんの娘さんなら、ブログで拝見する限りしっかりしてるので大丈夫そうな感じもありますが。

[ 2007/06/19 23:51 ] [ 編集 ]

Shred ですか!勉強になりました。
ちなみに、カナダ人に和食を教えるときに使っている本には
Julienne Stripe と載っています!
ジュリアンって、フランスの野菜千切り入りスープです。

Julienne Stripe の説明が面白いので、ご紹介しますね☆

A technique used for cutting cabbages, lettuces, green perilla, etc. very thinly (about 1/25-inch thick).
Vegetables should be cut in the same direction as their grain.

1インチ=2.5センチで換算すると。。。1ミリの細さに揃えて切らねばならないのですね。
私のはちょっと太いので、Julienne Stripe じゃないと言われそうです(笑)
[ 2007/06/20 06:45 ] [ 編集 ]

青空さんへ

>1ミリの細さに揃えて切らねばならない

え?そんなに細いんですか。
千切りって、かなり技術が要りそうですね。

気になって日本のサイトを調べてみました(^^;
たしかに1~2ミリの幅で切る、と書いてあるサイトもありますね。
でも、3ミリくらいでも千切りと認定されてるみたいです(笑)

どうやらプロになるほど幅の狭い千切りが切れるようになる、という事らしいです。
[ 2007/06/20 12:11 ] [ 編集 ]

shred は私はチーズをおろし器で卸すイメージでした。キャベツで言うと、とんかつに添えられているような細~い千切りではなく、若干太めの細切りで、コールスローに入ってるようなキャベツを想像してました。普通の千切りも shred で良いのですね♪

しかし、個人的なイメージですが、それがキャベツではなくレタスで、タコスに挟んであるような shreded lettuce だったとしたら、手で細かくちぎったものを思い浮かべます。単に、レタスは手でちぎったほうが苦味が出ないという固定観念からなのですが(^^;
キャベツを千切りにして生で食べるという食文化がない国も多いですよね。「手でちぎる感じがする」とおっしゃっる方がいらしたのは、そういうのが関係しているのかなぁ?と思いました。
[ 2007/06/20 14:55 ] [ 編集 ]

Mojoさんへ

ま、料理番組とかで「千切り」を厳密に表現するとすれば、青空さんのコメントにもあるように cut the cabbage into very thin strips (about 1/25-inch thick) という感じになるとは思います。

でも、千切りをそれほど厳密にとらえなくてもいいんじゃないかと個人的には思っています。若干太めの千切りも千切りと認識している人(特に男性)も多いと思うので。
[ 2007/06/20 20:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1english.blog76.fc2.com/tb.php/457-ce04eef6






SEO対策:英会話 SEO対策:英語 英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。