英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

未来を表す英語表現 Will 予備知識その1 

未来を表す英語表現の続きです。

前回までの記事↓

未来を表す英語表現 概要

未来を表す英語表現 Will 予測・推測

未来を表す英語表現 Will その場の思いつき

未来を表す英語表現 Will 自発的な申し出


まずは will の用法に関する前回の復習から。

<自発的な申し出>

■ 誰かのために自発的に何かをしてあげる、と申し出るときに使う。

■ 義務だからやるわけではなく、自ら進んでやるというニュアンス

■ 疑問文(Will you...?) や 否定文(won't)も広い意味では同じ範疇に入る

■ 申し出は約束につながるので、何かを約束するときには、たいてい will が使われる。


前回は、ここまででした。

will の中核となる部分は前回までで説明を終えましたので、今回は予備知識的な話をしたいと思います。


1.will が予測・推測の意味になる場合の補足

すでにお話したとおり、will は、自分が、未来に起こるだろうと信じている事柄に対して使います。

しかし、人間、かならずしも将来のことに確信をもてるとは限りませんよね。

そういうときは、'possibly', 'perhaps', 'maybe', 'probably', などと一緒に使うことで、確信の度合いを弱めます。

He'll possibly need it in the future.
(将来、それが必要になる可能性がある)

Maybe it will be OK.
(たぶん大丈夫だよ)

Perhaps we'll meet again some day.
(たぶん、いつかまたお会いすることになるでしょう。)

She'll probably come back later.
(きっと、あとで戻ってくるよ。)


2.will が決意を示す場合

フォーマルな英語では、主語が I (または We )の場合に will を使うと、話者の決意を示すことになる、というルールがあります。

(※フォーマルな英語では、"I shall...", "We shall..." がよく使われる事を考えあわせると、理解しやすいかと思います)

I will work. (働くことを決心している→「よーし、働くぞ。」)

We will work.
(   〃   )

しかし、特にアメリカ英語においては、このルールは時代遅れの用法だとみなされ始めています。

なんといっても、アメリカ英語では shall は、ほとんど使わず、もっぱら will のみですから、will に特別な意味合いをもたせたくないという気持ちもあるのだと思います。

とはいえ、will が強い意思を表すという点は、他の will の用法と相通じるように思われます。


3.will が脅しの意味になる場合

あまり知られていないのが、"You will..." が脅しの意味になりうるという事です。

銀行強盗が銀行の支店長の頭に拳銃をつきつけて、こんな事を言ったりします。

You will do exactly as I say. (言うとおりにしろ!でないと・・・)

なぜ、"You will do exactly as I say" が、脅しの意味になるかと言うと・・・

"You will do exactly as I say"が、確信的な予測だからです。

「お前の意思なんか関係ない。どんな事があっても、お前は必ずオレの言うとおり行動することになるだろう。」とまで言うからには、それなりの理由があるわけです。

すなわち "You will do exactly as I say" の背後には、"if you want to live"(死にたくないなら)という暗黙の脅し(=言うとおりにしないと殺すぞ)があるんですね。

これが例えば、母親が子供に向かって "You will clean your room"(部屋を掃除しなさい)と言う場合でも、その背後には "if you want a cookie"(クッキーがほしいなら)といった脅し(=言うとおりにしないと、クッキーをあげないわよ)が含まれているわけです。

ちなみに普通の命令文は、単なる命令であり、「言うとおりにしないと・・・」という含みはないので、脅しではありません。

(参考)Do exactly as I say. (言うとおりにしなさい。)

というわけで、 "You will..." を使うときには、相手を「脅さない」よう注意しましょうね(^^;

この記事を書くにあたり、以下のウェブサイトを参考にし、例文を引用しました。

englishpage.com
Learning English Online
Learn 4 Good
English Grammar
British Council
Online English Grammar
BBC Learning English
Learner Development Unit
English Club.com
English Grammar Lessons

One Stop English

長かった will の話も、ようやく終わりが見えてきました♪ 次回が、will の最終回になるかもしれません。

未来を表す英語表現 概要

未来を表す英語表現 Will 予測・推測

未来を表す英語表現 Will その場の思いつき

未来を表す英語表現 Will 自発的な申し出

未来を表す英語表現 Will 予備知識その1

未来を表す英語表現 Will 予備知識その2

<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
  英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
  英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。

will が脅しの意味になるのは一瞬意外な気がしたんですが、"You will do exactly as I say" でピンと来ました!映画のセリフでもよく、この使い方の will はよく出てきますよね。納得です。いつもながら塚本さんは説明がお上手ですね♪ありがとうございます。

しかしながら、will と be going to の違いが、ますますこんがらがってきたような気がしないでもありませんf(^^; 
ちゃんとついていけるように、次回までに頭を整理しておきます!
[ 2007/06/08 10:51 ] [ 編集 ]

以前willの勉強をした時に
Perhaps we'll meet again some day.
(たぶん、いつかまたお会いすることになるでしょう。)
(予測)

と「決意」の部分がどうも矛盾するように思え、理解しずらかったことを思い出しました。

「予測」だと「なんとなく確信がもてない」
「決意」だと「はっきりしていること」

と言う風に解釈してしまい、混乱してしまったんですよね(^^;
[ 2007/06/08 11:38 ] [ 編集 ]

Mojoさんへ

日本人にとって、will が脅しの意味になりうるのは、かなり意外ですよね。じつは私自身も最初はピンときませんでした。ネイティブたちに、記事に書いたような説明をしてもらって合点がいった次第です。

will と be going to の違いについては、たぶん次の次の回くらいからなら入っていけるかな~?と思います。
[ 2007/06/08 11:39 ] [ 編集 ]

きょうかさんへ

中学・高校時代には、そんな感じで習いますよね。私も、will には、なんとなくあやふやな予測という間違ったイメージをもっていました。

中学・高校の英語教師の大部分はもちろんのこと、教科書や参考書を書いている人たちも、will のことをよく分かっていないんじゃないかな?という気さえします。

中学・高校でも、もうちょっと上手に説明してほしいところですよね。
[ 2007/06/08 12:03 ] [ 編集 ]

今日もまた新鮮な発見でした。
脅しの意味があるんですね。
なんかますます奥が深くなってきて、私の
頭がいっそう混乱しそうな感じです。
willとbe going to も自分なりに少しはわかった
つもりだったんですが・・・
自信がなくなってきました。
次の次?の記事も楽しみにしてます。
[ 2007/06/08 14:32 ] [ 編集 ]

まめっちママさんへ

記事にも書きましたが、脅しの意味合いは予測・推測の延長線上にあるんですよね。willは、文脈によっていろんな意味合いにはなりますが、大本の原則はシンプルですよ。
[ 2007/06/08 15:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1english.blog76.fc2.com/tb.php/446-d89cde5a






SEO対策:英会話 SEO対策:英語 英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。