英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

飲酒をめぐる日本とアメリカの考え方のズレ(文化摩擦の温床) 

食事・料理つながりということで、今日は、飲酒をめぐる日本とアメリカの考え方の違いについて書いてみたいと思います。

国際的にみて、日本は飲酒や酔っ払いに寛容な国だと言われています。

ノムニケーションという言葉もあるとおり、日本では、お酒の席を共にすることが、円滑な人間関係を築くうえで大きな役割を果たしています。

お酒の席では、相手にお酒を勧めるのがひとつの礼儀ですし、逆に、お酒を勧められたのに飲まないでいると、「オレの酒が飲めないのか!」なんて怒りだす人がいたりしますよね(^^;

また、お酒の席で何か無作法な事があっても、「酒の上でのことだから」と大目にみる傾向がありますし、無礼講という考え方さえあります。

その延長線上として、夜中に泥酔したサラリーマンが同僚に支えられながら歩いている姿はめずらしくありません。

一方、アメリカの場合はどうかというと・・・

飲酒と酔っ払いには非常に厳格です。社会的には、アルコールそのものを、現実逃避の手段(一種の麻薬みたいなもの)でしかないと決め付けている感さえあります。なんといっても、禁酒法を施行したことのある国ですし(^^;

アメリカでは、多くの州で屋外での飲酒が禁止されていて、違反すれば警察に通報されます。

酔っ払いが路上や電車の中でクダをまいたりすれば、警察に通報されて留置所行きになることもめずらしくありません。

飲酒運転に対する規制は厳しく、ドライバー本人が飲んでいなくても、車内に酒のビンやカンが置いてあるだけで罰せられます(^^; (トランクの中ならOK)。

未成年者の飲酒に対する規制も厳しく、違反した店も厳しく罰せられます。

また、日本人とアメリカ人では、もともと体格差があるうえに、体質的にも欧米人のほうがアルコールを分解する能力が高いそうです。

こうした規制と体質的な違いから、アメリカでは、酔っ払ってクダをまいたり、路上で吐いたりする人は、ほとんどいません。浮浪者なら別ですが(^^;

そのため、もしそういう事をすれば、欠陥のある人間としてレッテルを貼られることになります。

さらに、文化的・社会的な、考え方の違いもあります。

酒の席は無礼講だという考え方はなく、社内のパーティで酔っ払ってハメをはずしたりすると、問題のある人間というレッテルを貼られ、白い目で見られます。

日本では、「私はお酒に目がないんですよ。」と公言しても何ら問題ありませんが、アメリカでは自制心のない人間と思われたり、場合によってはアル中と誤解される危険性もあります(^^;

日本では酒の席で「晩酌はよくされるんですか?」とか、「(お酒は)よく飲まれるんですか?」とか、「(お酒は)いけるくちですか?」とか「(お酒は)お強いんですか?」といった質問をすることは何の問題もありませんよね。一種の社交辞令みたいなものです。

ところが、アメリカ人にとって、これらはすべて、かなり失礼な質問ですので注意が必要です。(ごく親しい人が尋ねる場合なら話は別です)

ひとつめの理由は、アメリカ人にとって飲酒に関する質問は、自分のプライバシーを詮索する質問だと感じられるからです。そのため、相手と親しい関係でなければプライバシーの侵害になります。

ふたつめの理由は、「酒が好き」とか「よく酒を飲む」 というのは、間接的に、自制心の無さとアル中を連想させる言葉だからです。また、「酒が強いかどうか」に関する質問は、通常、相手の精神的・肉体的なスタミナに疑問をなげかける失礼な質問だと受け取られてしまいます。とくに男性の場合は、そういう傾向が強いです。

英米社会では、「男はマッチョ(強い男)でなければならない」という考えを子供のころから植えつけられている人が多いですから、酒が強くて当然な(というか強くなければマッチョではない)わけです。そのため、酒が強いかどうかわざわざ尋ねるのは、相手をマッチョではないと見なしている(=バカにしている)、という受け取りかたにつながるわけです。

ただし、例外もあります。

大学生くらいの若者たちの場合です。この年齢層の人たちは、酔っ払うことが目的で酒を飲み、ドンチャン騒ぎをすることもありますし、酔いつぶれることもあります。周囲の大人たちも若者だからと大目に見る傾向があるようです。

若者たちの間では、どれだけ酒を飲めるか(酒が強いか)が話題になることも多いですし、仲間にそういう質問をすることも通常は何も問題ありません。でも、相手が若者でなければ、飲酒に関する質問は、なるべく控えたほうが無難です。

とはいえ、飲酒がらみでも何ら問題の無い質問もあります。

"Do you drink? (お酒は飲まれるんですか?)
"What do you think of this wine?"(このワインはどうですか?(=好みに合いますか?))
"Do you like this beer?" (このビールは好みに合いますか?)

・・・などです。

なお、言うまでもないかとは思いますが、「飲みに行かない?」 とか、「お酒を注ぎましょうか?」とか、「飲み物(お酒)はいかがですか?」といった質問はまったく問題ありませんので、安心してくださいね。

今回は、アメリカを引き合いに出しましたが、他の欧米諸国も飲酒に関する考え方は、基本的に同じです。「文化摩擦」が起きないよう、注意したい分野ですね。

<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
 英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
 英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。

[ 2007/06/05 16:50 ] パーティの英会話 | TB(0) | CM(11)

文化の違いと言えるのかどうかわかりませんが、アメリカでは、「今日は DD (designated driver)だから飲めないんだよ」なんて当然のように言いますし、それを破って飲んじゃったとしたら、周りから非難轟々ですよね。
ここ最近、セレブのDUI問題が話題でもあるようですが、良識ある一般人の間では、「飲んだら乗るな」が日本よりも徹底している印象を受けます。

あと、お酒に誘われたり、お酒を勧められたりしたとき、"I don't drink." と言っても、「あ、そうなの」で済みますが、日本だとおっしゃるように、「俺の酒が飲めないのか?」てな具合ですよね。先輩や上司の酒を断るなんてもってのほかという考えが未だに根強い業界もまだまだたくさんあります。「酒が飲めない奴は仕事もできない」みたいな昔ながらの考えも残ってますよね。
映画なんかでは、“酒の上での出来事”は許されてそうですが、一般的ではないですよね。若い子達は別として。

私も飲兵衛なほうなので、海外では注意したいと思います(^^;

[ 2007/06/05 21:46 ] [ 編集 ]

文化の違いを理解しておくことは
とても大切ですよね。
こちらの文化が相手側にとって不愉快なことで
あったりするわけですから。
ちょっと話はそれますが、中国ではタバコをすすめる
ことが日本の酒をすすめるのと似ています。
料理もちょっと残す方がいいとか・・・
(全部食べてしまうと、まだ足りないと言う意味)
本当に国によって様々でおもしろいです。
[ 2007/06/06 01:34 ] [ 編集 ]

文化の違いですよね。
日本でも、DD (designated driver)v-231の方向けに、ソフトドリンク割引サービスとかしている店を見たことがあります。
若いうちの飲酒は自分の限界やお酒を飲む上でのマナーを学ぶためにも多少は必要だと思います。
私もお酒大好きなんですv-275
[ 2007/06/06 10:32 ] [ 編集 ]

Mojoさんへ

飲酒に関しては日本のほうが気楽でいいとも思う反面、お酒の席では「オレの酒が飲めないのか」みたいな場合もあったりして、どっちもどっちかもしれませんね(^^;

個人的には、各自が自分の意思で適度に楽しむという欧米式が性にあっています。
[ 2007/06/06 12:56 ] [ 編集 ]

まめっちママさんへ

>中国ではタバコをすすめることが日本の酒をすすめるのと似ています。

そ、そうなんですか・・・(^^;
私はタバコは嫌いなので、決して中国には行かないほうがいいかも?(^^;
[ 2007/06/06 12:58 ] [ 編集 ]

momoさんへ

学生時代はよく一気飲みとかをしてました(^^;

>私もお酒大好きなんですv-275

じゃあ、とりあえずカンパーイv-275(笑)
[ 2007/06/06 13:06 ] [ 編集 ]

カンパーイv-275
[ 2007/06/07 00:11 ] [ 編集 ]

こんにちは。

そうなんですよね。
I like drinking.とかいうと、「私は酒を年中飲んでるアル中です」とカミングアウトしてるように聞こえるらしい・・・ときいたことがあります。

「たしなむのが好きです」って答え方が大人なんでしょうね。確かに、ネイティブスピーカーの友人も、そう答えてたのを思い出しました。
[ 2007/06/07 12:17 ] [ 編集 ]

エピソード、楽しく読ませて頂きました!
アメリカとカナダを比べると、公共の場で飲めないのは共通ですね。
日本に来たカナダ人は、日本の花見酒をすごくうらやましがっていました。
温泉で雪見酒、もありえないですね(笑)
こうやってみると、日本の社会は飲酒に寛容な気がしますね。

しかし確かに、日本でお酒を断るのがつらいですよね。
私は、飲みたくない日には車で出かけて、
「飲みたいけど、車なので勘弁してください」って断っていました。

最近法律が厳しくなって、勧めた人も罰せられるようになりましたから。。。この手で断ると100%成功でした(笑)
[ 2007/06/07 13:16 ] [ 編集 ]

るーさんへ

おひさしぶりです^^
どうやら英米では「良識ある大人」は飲酒について、そもそもあまり話題にしない、というのが暗黙の了解になっているようです。

酒を飲んで酔っ払うのは紳士・淑女にあるまじき行為、といった意識もあるのかもしれませんね。
[ 2007/06/08 00:15 ] [ 編集 ]

青空さんへ

>飲みたくない日には車で出かけて、「飲みたいけど、車なので勘弁してください」って断っていました。

頭よすぎです(笑)
でも、その手を使ってる人って意外と多いのかもしれないという気がしてきました(笑)
[ 2007/06/08 00:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1english.blog76.fc2.com/tb.php/444-84d53bc3






SEO対策:英会話 SEO対策:英語 英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。