英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

無料英会話教室: コーヒーでも入れるね。 

食事・料理関係の英語表現の続きです。


■英語で言ってみよう!


コーヒーでも入れるね。


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。


    ヒント1: "I" を使います


    ヒント2: "will" を使います


    ヒント3: "coffee" を使います



        ↓



■ネイティブの英語: 

I'll make some coffee.

この場合の will は、「その場の思いつき」か、もしくは
「自発的な申し出」 です。どちらのニュアンスになるかは、
文脈によって決まります。

will の用法に興味のあるかたは、未来を表す英語表現
ご覧ください。

"make coffee" で「コーヒーを入れる」 です。

この場合、"make cofee" でも "make some coffee" でも
ほとんど意味は変わりません。ですから、some を入れなかった
から不正解ということにはなりません。

ただし、あえて言えば、どういう状況で使うか、に関しては
違いがあります。

I'll make coffee. と言うのは・・・

その場にいる人たちが、コーヒーが出てくることを期待(予想)
している場合です。

例えば、みんなが晩ごはんを食べ終わって、次はコーヒー
タイムかな? という時に、「じゃあコーヒーにしましょうね。 」
という感じです。

それに対し、

I'll make some coffee. は・・・

その場にいる人たちが、コーヒーが出てくることを予想
していない場合に使います。

例えば、みんなが集まって、談笑しているとします。
ちょっと会話が途切れたときに、「コーヒーでも入れるね」
という感じです。

なお、"brew cofee" も、「コーヒーを入れる」という意味ですが
こういう場面で使うのは、ほとんどの場合 "make coffee" の
ほうです。

        
<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
 英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
 英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
みんなの英会話奮闘記 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報

いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。



[ 2007/06/01 15:09 ] 食事・料理の英会話 | TB(0) | CM(8)

そうですね~。考えてみたらこういう状態でbrew cofeeというのは聞いたことがないですね。面白いですね(^^

>I'll make some coffee. は・・・

その場にいる人たちが、コーヒーが出てくることを予想
していない場合に使います。

こういう違いもわかると、言葉に深みが出ますよね。
大切なことだと思います(^^
[ 2007/06/01 18:51 ] [ 編集 ]

きょうかさんへ

そうなんです。記事が長くなってしまったので、"make coffee" と "brew coffee" の違いを詳しく書きませんでしたが、せっかくなので明日の記事で、ちょっと触れることにしますね。

記事には書きませんでしたが、じつは
I'll make coffee. と I'll make some coffee. の違いをちゃんと説明できるネイティブは、ほとんどいません。私もかなりいろんな角度から尋ねて、ようやくつきとめました(笑)

日本人にとっての日本語もそうなんですが、暗黙知って、なかなか上手く説明できないものなんですよね(^^;
[ 2007/06/01 19:59 ] [ 編集 ]

I'll make coffee とI'll make some coffee の違いをちゃんと説明できるネイティブは殆どいないというのは非常に合点の行く話です。私も前、全く同じ質問をしたことがあるんですよ。一応、本とか出している人なんですが、「some がないと違和感がある、ネイティブならそこに some を入れる」という答えだったんです。でも、"I'll make coffee" も普通に言いますよね。なのでかなりモヤモヤしてたんですけど、おかげでスッキリしました。ありがとうございます♪
[ 2007/06/01 20:44 ] [ 編集 ]

Mojoさんへ

お役に立ててよかったです^^

>ちゃんと説明できるネイティブは殆どいない

そういう意味では、このブログは超ネイティブ級の内容を扱っているとも言えますね(笑) ネイティブたちにも読んで勉強してもらいましょうか?(笑) あ、日本語が読めないか(笑)
[ 2007/06/01 22:00 ] [ 編集 ]

すごく納得しました。
someがあるのとないのとでこういうニュアンスの
違いがあるんですね。
ネイティブの方って意外とちゃんと説明できない
ものなんですね。
私達も同じなんですが、なんでそうなるの?
と日本語を聞かれても、上手く説明できない
事柄があるのと同じですよね。
それにしても塚本さんのブログはよく調べられていて
いつもさすがだなと思います。
[ 2007/06/02 01:30 ] [ 編集 ]

まめっちママさんへ

ネイティブスピーカーは、自然な英語か不自然な英語かを聞き分ける能力には優れているんですが、それをノンネイティブに対してうまく説明できる人は少ないんです(^^;

例えば、日本語でも「小さな子供」と「小さい子供」のニュアンスの違いや使い分けを説明しようとすると、けっこう頭を使わないといけないですもんね(^^;
[ 2007/06/02 09:44 ] [ 編集 ]

おもしろいですよね。日本語でも「お茶でもいれようか」と「お茶入れるね。」はちょっと違いますものね。
小さい違いで、普段は意識してませんが・・・
でも、スムーズに話すためには、違いを意識することは大切ですよね。
[ 2007/06/02 17:55 ] [ 編集 ]

きょうかさんへ

この辺は、まさにネイティブの微妙な感覚なんですよね。

ネイティブにとっては説明しずらい上に、ノンネイティブにとっては説明してもらわないと分からない、という難しい部分です(^^;
[ 2007/06/02 19:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1english.blog76.fc2.com/tb.php/434-8f09e6d3






SEO対策:英会話 SEO対策:英語 英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。