英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

無料英会話教室: この肉、やわらかくて美味しいね。 

料理関係の英語表現の続きです。


■英語で言ってみよう!

この肉、やわらかくて美味しいね。


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。


    ヒント1: "this" を使います


    ヒント2: "is" を使います


    ヒント3: "and" を使います



        ↓



■ネイティブの英語: 

This meat is tender and delicious.


肉や野菜などの食べ物がやわらかいことを表現する場合には
softではなく tender を使います。

なぜ soft ではなく tender を使うのかについては、
そのほうが自然な英語だから、としか言いようがありません(^^;

ネイティブに聞くと、「soft でも間違いとは言えないが、
自分で言う場合には、決して 肉がsoft だとは言わない。」
という答えが返ってきます。 

理論的には間違いではないけど不自然な英語だ、という
ことなんでしょうね。

ちなみに Oxford Advanced Learner's Dictionary によると
tender: ( of food ) easy to bite through and cut
(噛み切りやすく、切りやすい(食べ物について)) とあります。

なお、「美味しい」は、delicious でなくても、もちろん正解です。
tasty とか good とか、表現のしかたは、いろいろありますよね。

ところで、食べ物に soft を使うことは絶対に無いかというと、
じつは例外があります。

その場合に分かりやすい区別のしかたとしては・・・

  tender は、「やわらかいけど、噛む必要がある食べ物」
  soft は、「噛む必要がないくらい、やわらかい食べ物」

と覚えておけば、ほぼ合っています。


私は、最近、あまり肉を食べないようにしているのですが
「やわらかくて美味しい」とか書いていたら、なんとなく食べたく
なってきちゃいました(^^;  時間的にお昼も近いですし・・・。
        
<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
 英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
 英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
みんなの英会話奮闘記 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報

 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。



[ 2007/05/30 11:57 ] 食事・料理の英会話 | TB(0) | CM(6)

はい、しっかりsoftと思っていました。
今後はtenderを使うことにします。
でも、よく考えたら、ファミレスなどで
テンダーロインステーキって言うメニュー
ありますよね。
広辞苑にもテンダーロイン載ってて
牛・豚の腰部のやわらかい肉ってなってますし・・・
[ 2007/05/30 12:34 ] [ 編集 ]

まめっちママさんへ

>テンダーロインステーキって言うメニュー

そういうところから覚えていくのも、ひとつの方法ですね。
ただ、カナカナ英語だと、単語の切れ目が分からないのが難点ですが。
[ 2007/05/30 15:26 ] [ 編集 ]

ちょっぴり横レス気味ですが(^^;
そうそう!私はテンダーロインで覚えた口です!あ、でも確か、アメリカではサーロイン???

しかし、tender が出てこないと、うっかり soft って言っちゃいそうですね。この2つの違いも、何となぁく感覚で使っていましたが、

>tender は、「やわらかいけど、噛む必要がある食べ物」
>soft は、「噛む必要がないくらい、やわらかい食べ物」

これ!すごく理解しやすいですね♪しっかり覚えておきたいと思います。今日もありがとうございます^^
[ 2007/05/30 18:03 ] [ 編集 ]

Mojoさんへ

>アメリカではサーロイン???

私も知識があやふやだったので、ネットで調べてみました。
このサイトによると、サーロインとテンダーロインは、別物ですね。
→ http://www.uttori.net/period_1.html

テンダーロイン(フランス語ではヒレまたはフィレ)が最上級で、その次がサーロインといった感じのようです。ページ下にある図を見ると、隣接した部位ですね。
[ 2007/05/30 19:02 ] [ 編集 ]

わざわざ調べてくださってありがとうございます。
へ~~、テンダーロインはヒレなのですね!
あとサーロインが、あまりに美味しかったからサーの称号が与えられたというエピソードが面白かったです。それこそ、tender and delicious だったんでしょうね^^
[ 2007/05/31 19:50 ] [ 編集 ]

Mojoさんへ

>サーロインが、あまりに美味しかったからサーの称号が与えられた

そうなんですよね^^
テレビのクイズ番組か何かでやってたのを見たことがあります。

なので、てっきりサーロインのほうが上なのかと思ってました。
[ 2007/06/01 01:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1english.blog76.fc2.com/tb.php/432-f7440074






SEO対策:英会話 SEO対策:英語 英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。