英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

未来を表す英語表現 概要 



英語を話すうえで、時制の問題は避けて通る事ができません。
なかでも、まぎらわしいのが未来の出来事を表す英語表現です。

そこで、今後、不定期に、未来の出来事を表す
英語表現について、とりあげていこうと思います。

未来の出来事を表す英語表現について考える際に、
頭に入れておくべきなのは、原則として英語に未来形は
存在しない、ということです。

これは動詞の活用を考えてみれば分かります。
go という動詞を例にとってみると

現在形   go 
過去形    went
過去分詞  gone
現在分詞  going

などはありますが、動詞に未来形は存在しません。

そのため、未来の出来事を表現する際には、やむをえず
助動詞などの助けを借りる必要があります。

また、同じ未来の出来事であっても、それにどういう意味を
もたせたいかによって、利用する英語表現も変わって
きます。

それが、未来に関する英語表現が何種類もあることの
理由です。そして、何種類もあるがゆえに、まぎらわしく
なっています。

第1回目のきょうは、未来を表すのに使われる英語表現の
うち、代表的な3つ( will と be going to と現在進行形)の
簡単な比較をしたいと思います。


will を使うのは・・・

・個人的な見解にもとづいた推測
・起こる確率の高い出来事 
・その場で思いついた決定
・自発的な申し出       などなど


be going to を使うのは・・・

・すでに決めてある予定・意図
・現在の証拠にもとづいた推測
・(会話の中で)will の代替として


現在進行形
 を使うのは・・・

・いま起こっている事柄
・予定され手配が済んでいる事柄
・今すぐにしようとしている事柄


次回以降、それぞれのケースについて、もう少し詳しく
みていきたいと思います。

未来を表す英語表現 概要

未来を表す英語表現 Will 予測・推測

未来を表す英語表現 Will その場の思いつき

未来を表す英語表現 Will 自発的な申し出

未来を表す英語表現 Will 予備知識その1

未来を表す英語表現 Will 予備知識その2

<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


  人気blogランキング 
   様々な英語・英会話情報が無料で手に入ります       
 
  英語学習ランキング
   英語学習に関する様々な情報が満載です
                
  みんなの英会話奮闘記 
   がんばってる人のための英語・英会話奮闘記

 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。


 


何か楽しみな文法的事項が始まりそうですね。
私の方は最近ちょっとお休みぎみですが、
娘がやる気を出してくれればまた復活
しそうです。
[ 2007/05/09 15:23 ] [ 編集 ]

まめっちママさんへ

ありがとうございます。
次回の「掲載日」は、まだ全く決まっていませんが、楽しみにして頂けるなら筆(キーボード?)が進むかもしれません(笑)
[ 2007/05/09 15:56 ] [ 編集 ]

そうなんですか!
ちょうど私も部分的にですが触れようと思っていたので、もしシンクロしてしまったらすみません。あ、というか、そのときは「詳しくはこちらへ」みたいにリンクを貼らせていただいてもよろしいでしょうか。
あと、リクエストですが、will be going to もいつかやっていただけると凄く嬉しいかもです♪

先日の雨の話で will と be going to を教えていただいてから、この2つが気になって、ちょこちょこ調べてたんですが、書き言葉と話し言葉の違い、英米の違いとかもあるようですね。調べれば調べるほど意外に奥深い話で、その時点で煮詰まりかけてたんですけど、will be going to にぶち当たってから、さらに飽和状態なんです(TT)
[ 2007/05/10 08:33 ] [ 編集 ]

個人的にはwill と be going toで迷いますね。
もう一度、塚本さんの説明をよ~く読んで音読します。

自分で会話する時は
will 自分の意思がはっきりしている時
  比較的今から遠い未来に起こる事項
  今、思いついたこと

be going to
  比較的近い未来に起こること
  起こることが比較的確実

というイメージで使っていますが、でもごっちゃになっているかもしれませんね(笑) 
[ 2007/05/10 09:46 ] [ 編集 ]

Mojoさんへ

シンクロしたら、むしろ嬉しいです^^

おっしゃるように奥が深くて、ややこしい話だと思うので、各人がいろんな調べかたをしたほうが、より本質的なことが見えてくるような気もしています。ぜひ、Mojoさんの記事も参考にさせてください。

>そのときは「詳しくはこちらへ」みたいに

私のほうこそMojoさんの記事にリンクを張ります(笑)

>will be going to もいつかやっていただけると

了解しました。かなり先の話になると思いますが(^^;

時制では、あと現在完了形と過去形の問題をクリアにしないといけないな~と思っています。Mojoさんも「シンクロ」で記事で取り上げて頂けると嬉しいです^^
[ 2007/05/10 11:50 ] [ 編集 ]

きょうかさんへ

>個人的にはwill と be going toで迷いますね。

話し言葉でwill の代替として使われる "be going to"があるので、余計にまぎらわしいですよね(^^;

私の中でもまだクリアになっていない部分があるので、今後ネイティブたちに確認したりして、クリアにしていければと思います。
[ 2007/05/10 11:57 ] [ 編集 ]

タイプミスをしたような気がして戻ってきましたら、やっぱり間違ってました!リクエストは will be doing でございました(汗)

でもでも、了解してくださってありがとうございます♪
ベーシックな文法書に書かれているような基本的内容は大体理解してるつもりでいたんです。ところが、もうちょっと詳しい文献で例外だの何だのを読んだり、実際ネイティブの皆さん使ってらっしゃるのを聞いていると、「あ~~、もう、全然分からん(>_<)」ってなってしまいます。
過去形と完了形も、分かるような分からんような?です。

塚本さんの解説はいつも分かりやすいので、とっても期待してます^^
[ 2007/05/10 13:11 ] [ 編集 ]

Mojoさんへ

私も最初はベーシックな部分から入っていこうと思っています。自分の頭の中の整理もかねて書こうとか思います^^

どこまで詳しくやるかも、やってみないと分かりませんが、例外的な用法など、その都度、いろいろアドバイス頂けると嬉しいです^^
[ 2007/05/10 15:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1english.blog76.fc2.com/tb.php/407-9e624109






SEO対策:英会話 SEO対策:英語 英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。