英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

無料英会話教室: あいつは態度が悪い。 

性格・人柄を表す英語表現です。


■英語で言ってみよう!


あいつは態度が悪い。


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。


    ヒント1: "he" を使います


    ヒント2: "have" を使います


    ヒント3: "a" を使います



        ↓



■ネイティブの英語: 

He has an attitude.


ふつう attitudeは、中立的な意味の「態度。考え方」 という
意味ですが、"have an attitude" というフレーズで使われると

「他人を不愉快な気分にさせる態度」とか「高慢な態度」といった
悪い意味になります。

同じ意味で
He has an attitude problem.(態度に問題がある)
He has a bad attitude. (態度が悪い)
という言い方もあります。

ちなみに attitude という言葉は、外面に表れる態度だけでなく、
心のありかた、というか内面の考えかたを指す場合も多いです。

内面(心)が外面(態度)に表れるという考え方は万国共通
なのかもしれません。

何事も good attitude であたるようにすれば、自分自身が
楽しいですし、good attitude で望むかどうかで、結果が大きく
違ってくる事は、往々にしてありますよね。

私もまだまだですが、できるだけ常に good attitude を維持
できるように心がけたいです。

        
<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


  人気blogランキング 
   様々な英語・英会話情報が無料で手に入ります       
 

  英語学習ランキング
   英語学習に関する様々な情報が満載です

                    
  みんなの英会話奮闘記 
   がんばってる人のための英語・英会話奮闘記

 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。



[ 2007/05/08 13:31 ] 性格・人柄を表す英会話 | TB(0) | CM(8)

悪いという日本語についひっぱられて
こんな風にattitudeだけで言えるなんて
考え付きませんでした。
今日もためになりました。
[ 2007/05/08 14:09 ] [ 編集 ]

まめっちママさんへ

そうなんですよね。
これも、知らないと何の事だかさっぱり分からない表現のひとつですね。
[ 2007/05/08 19:21 ] [ 編集 ]

連投ですみません!高校の頃、通知表に「態度に問題がある」と書かれていたのを思い出しました(^^;
内面が外面に表れるのは、ホントその通りなんでしょうね。当時と今とでは目つきが違うと言われます。ちょっとは good attitude になったのかもしれません(笑)

>good attitude で望むかどうかで、結果が大きく
違ってくる

名言ですねi-189
今日のフレーズと一緒にメモさせていただきました^^
[ 2007/05/08 20:38 ] [ 編集 ]

Mojoさんへ

そうなんですか!? いまのMojoさんの(書く文章から受ける)印象からは想像できませんでした。

じつは私も高校くらいまでは、かなり反抗的な生徒だったんです(^^; そういえば、きょうかさんも、そんな事を書いてました。なんだか、みんな共通点がありますね^^
[ 2007/05/09 10:15 ] [ 編集 ]

はいっ!

わたくしも、そうした「反抗的な」生徒の一人でございました(笑)

ちなみに高校3年生の11月ころに担任の先生に大雷を落とされてなければ(それまで我慢に我慢を重ねていたらしいです、申し訳ないです)大学受験もしてなかったかもしれません(笑)
11月から受験勉強をしたので、日本史はなんと「ペリーの来航」までしか準備を進めることができませんでした(笑)
国語が当時好きだったので(本が好きだった)、それでぎりぎり合格できたのだと思いますが(笑)
[ 2007/05/09 12:00 ] [ 編集 ]

みなさん!私も高校生の頃、ちょっと反抗的な面がありました。

当時は「ツッパリ」に、憧れがあったんですよね~。
でも、そうそう大それたことは出来なかった。小心者です(笑)

どちらかというと、内面より格好だけだったと思いますが、
それもやはり教師から見ると「Bad Attitude」だったでしょうね!
先生、ごめんなさい!

ここは告白コーナー?(笑)
[ 2007/05/09 13:20 ] [ 編集 ]

きょうかさんへ

>担任の先生に大雷を落とされてなければ

そういえばMojoさんも、それに近い事を書いてましたね。私の場合は、大学にいってやりたい事があったので、大学にはいくつもりでした^^

>日本史はなんと「ペリーの来航」までしか準備を進めることができませんでした

現代史は(政治的な問題もあり)あまり出題されないらしいので、意外と問題なかったかもしれません(^^;
[ 2007/05/09 14:13 ] [ 編集 ]

青空さんへ

青空さん、あなたもですか!
(↑「ブルータス、お前もか!」のもじり^^)

はい、ここは告白コーナーです(笑)
ほかにも懺悔(?)したい事があったら遠慮なくどうぞ(笑)

いまになって中学・高校時代を振り返ると反省する点はたくさんありますね(^^; とはいえ、もう一度同じ状況になっても、あまり「いい子」にはなれそうもありませんが(^^;
[ 2007/05/09 14:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1english.blog76.fc2.com/tb.php/406-2711dff5






SEO対策:英会話 SEO対策:英語 英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。