英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

意地悪されたときの英語表現 



先日、「意地悪しないで」という表現をご紹介しましたが
ためしにネイティブたちに聞いてみたら、いろんな表現が
集まりました。

そこで、今日はその一部をご紹介したいと思います。

まずは、先日ご紹介した "Don't be so mean to me." に
似た形の表現から。

比較的おだやかな表現です。

Don't be so unkind.
Don't be so cruel.
There's no call to be so heartless, you know.


  ※ この場合の call は、「必要性。理由」


次に、相手が自分をどう扱っているかにフォーカス
した表現です。

You treat me so badly.
You treat me like a dog.
You treat me worse than a dog.


さらには、相手が自分をどう扱っているかではなく
相手がいかにひどい人間かにフォーカスする
逆襲的な表現。

ちなみに、アメリカでは比較的よく使われるそうです。

I can't believe you, you're nasty.
God, you're so spiteful.
You are being a vicious, vile jerk.


   ※ nasty = 意地悪な。とてもひどい。
     spiteful = 意地の悪い。悪意のある。
     vicious = 意地の悪い。悪意のある。ひどい。
     vile = 不潔な。ひどく悪い。下劣な。
     jerk = ばか。まぬけ。ムカツクやつ。

とはいえ、かなり語気の荒い言葉ですので
ノンネイティブの私たちは、よほどの事がない限り
使わないほうがいいでしょう。


ところで、ちょっと違った形のアプローチとしては
「(意地悪せずに)ほっといてよ。」と言うことも
できます。

Leave me alone.

相手がちょっかいを出してくる場合に使える便利な
フレーズです。

憲法記念日だけに、「専守防衛」 的な表現だとも
いえるかもしれませんね^^


<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


  人気blogランキング 
   様々な英語・英会話情報が無料で手に入ります       
 

  英語学習ランキング
   英語学習に関する様々な情報が満載です

                    
  みんなの英会話奮闘記 
   がんばってる人のための英語・英会話奮闘記

 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。


 

[ 2007/05/03 12:02 ] 呼びかけの英会話 | TB(0) | CM(6)

>とはいえ、かなり語気の荒い言葉ですので
ノンネイティブの私たちは、よほどの事がない限り
使わないほうがいいでしょう。

そうなんです、こういう言葉ってノンネィティブだと使いこなすのが難しいですね。私も使いません。
でも、知っていないとやはり困る表現だと思います。
使わなくても知っておいたほうがいいものってたくさんありますね(^^
[ 2007/05/03 17:05 ] [ 編集 ]

きょうかさんへ

そうですね。日本語でも、たとえ知っていても、できるだけ使わないようにすべき言葉って、たくさんありますよね。たとえ使いこなせたとしても、汚い言葉は相手も自分も不快にさせますから。

とはいえ、個々の単語は実際によく使われる言葉でもありますので、おっしゃるようにリスニングやリーディングの対策として覚えておきたいところですね^^
[ 2007/05/03 18:28 ] [ 編集 ]

逆襲表現、、、すごいですね。
映画の中の、ののしる場面で聞いたような気がします。
実際に聞いたことがないのは、幸いなことですよね(^^)

カナダ人はジョークが好きで、私はよくターゲットにされます(笑)
いじめられっぱなしもくやしいので、たまには「おだやか表現」でかわして「おぉっ!?」と言わせたいと思いますv-221
[ 2007/05/04 13:39 ] [ 編集 ]

青空さんへ

青空さんは、おおらかで楽しい性格だから、きっと、みんな(カナダ人たち)のアイドルなんですよ^^ 
でも「おだやか表現」を使ってみるのには、いい機会かも(笑)
[ 2007/05/04 14:44 ] [ 編集 ]

意地悪されたときの表現もいろいろあるんですねー。

きょうかさんもおっしゃってますが、自分もそりゃあ語気を荒げるときはあるんですけど、語気の荒いフレーズ自体を使うのは、やっぱりノンネイティブは控えたほうが無難のように思います。しかし、誰かが使ったときに理解できないんじゃ困るわけで、知っておく必要はありますよね。

それにしても何で犬はネガティブな意味合いが多いんでしょう(^^;

[ 2007/05/04 19:17 ] [ 編集 ]

Mojoさんへ

>語気の荒いフレーズ自体を使うのは、やっぱりノンネイティブは控えたほうが

個人的にはネイティブも控えるべきだと思いますね(笑)

>誰かが使ったときに理解できないんじゃ困るわけで

まあ、知らないほうが幸せっていう場合も、ないことはないですが(笑)。でも、口調と表情でだいたい何を言いたいかは、わかっちゃいますよね。

>何で犬はネガティブな意味合いが多いんでしょう

私はこれは単純に、もっとも身近なけもの=犬だからじゃないかと思っています^^
[ 2007/05/04 21:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1english.blog76.fc2.com/tb.php/401-9bdaffc0






SEO対策:英会話 SEO対策:英語 英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。