英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

無料英会話教室: あいつは心が狭いな。 

きょうも連休の谷間ですが、
広い意味でのゴールデンウィークととらえて
「休日モード」の短めのフレーズでお送りします。


■英語で言ってみよう!


あいつは心が狭いな。


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。


    ヒント1: "he" を使います


    ヒント2: "is" を使います


    ヒント3: "mind" を使います



        ↓



■ネイティブの英語: 

He's narrow-minded.


"narrow-minded" は、mind(心)とnarrow (狭い)という
言葉の組み合わせで、 「寛容性がない様子」、
「視野が狭い様子」、「同情心がない様子」のいずれか、
または、すべてを指します。

心が狭いと、心の目(視野)も狭くなるんでしょうね。

ちなみに、英語(というか欧米)では、心は
heart(ハート) 、mind(マインド)、soul(ソウル)の
3つから構成されているとされています。

かなり大まかにいうと・・・

ハートは愛情、喜び、悲しみなど感情を感じる部分。
脳でいうと右脳、EQの部分といってもいいでしょうね。

マインドは、論理・計算など知性の部分。
脳でいうと左脳、IQの部分といえると思います。

ソウル(spirit とも言います)は、死んで肉体がなくなってからも
生き続ける魂の部分です。ここが人間の良心の部分だと主張
する人もいるようです。

心というひとつのものを、ちゃんと3つに分類して理解するところが
何でも分析的にとらえるのが好きな欧米人らしいですよね^^

人間の心の働きは、これだけ科学が発達した現代においても、
いまだに多くが謎につつまれています。

何千光年も先の宇宙の様子が次々と解明されつつあるこの
時代に、人間自身の心の中が解明できていない、というのは
考えてみると面白いですよね^^


それだけ、人間の心って一筋縄ではいかないものなんだろうと
思います。

        
<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


  人気blogランキング 
   様々な英語・英会話情報が無料で手に入ります       
 

  英語学習ランキング
   英語学習に関する様々な情報が満載です

                    
  みんなの英会話奮闘記 
   がんばってる人のための英語・英会話奮闘記

 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。




心が三つの部分から成り立っているとは。知りませんでした!
でも、確かに、
辛いことがあった人にTake heart,
洗脳はMindをcontroleすること, ですよね!
なるほど~。EQとIQの違いですか!

また、聖書にheartやmindはほとんど出てきませんが、Sprit(S)は百万回出てくることに気づきました。

すご~い。目から鱗、ポロポロ状態です。
とても勉強になりました。有難うございました!
[ 2007/05/02 11:51 ] [ 編集 ]

確かに、"Never mind" とは言いますが、heart や soul には置き換えられないですよね。
『セイント・オブ・ウーマン』のときの、アル・パチーノの有名なセリフ、"You are executing his soul!" も、mind や heart だと変ですし。
何気なく使ってましたけど、なるほどぉ、そういう違いがあるんですね。しかし、EQとIQ、右脳と左脳は考えもしませんでした。
私も目からウロコです。
[ 2007/05/02 16:12 ] [ 編集 ]

青空さんへ

>辛いことがあった人にTake heart,洗脳はMindをcontroleすること, ですよね!

次々と例を思いつく青空さん、さすがですね^^

>聖書にheartやmindはほとんど出てきませんが、Sprit(S)は百万回出てくる

すごい!数えたんですね!なんちゃって(笑)
この場合には spirit も、よく使われますよね。じつはsoulとspirit のどちらで表記しようか迷ったんです。聖書と青空さんに敬意を表して、spirit も追記しておきました^^
[ 2007/05/02 16:13 ] [ 編集 ]

Mojoさんへ

>確かに、"Never mind" とは言いますが

なるほど。これもマインドですね^^

>『セイント・オブ・ウーマン』

これは、知らなかったです。検索してみたら、いろんな賞をとってる名作なんですね。近いうちに観てみようと思います^^

>EQとIQ、右脳と左脳

確たる根拠はないんですが(^^;、なんとなくそんな気がするんです^^
[ 2007/05/02 16:23 ] [ 編集 ]

右脳と左脳・・・ですね。

私の場合右脳が肥大発達し、左脳がほとんどないような気がします。論理的にものを考えるのが苦手ですし、数学も嫌いでしたし(笑)自分の脳のレントゲンを見たい気がします(笑)
[ 2007/05/02 21:53 ] [ 編集 ]

>人間の心って一筋縄ではいかない
最近すごく感じます。
私の場合は、一番難しいのは自分の心だったりもします(^^;
[ 2007/05/02 23:53 ] [ 編集 ]

今日一日、この話題が気になっていました。
聖書をみる機会があったので、意識してみると、heartも1万回くらいは出ていました、失礼しました(--;)
無意識のうちに、Spiritという言葉に強い印象を感じていたようです。
まぁ、書き加えて下さったんですね。。。
有難うございます(^^)

Take heartは、とても好きな言葉なんです~。
お見舞いのカードに
Take care,
Take heart,
Take it easy,
って書かれてあるのを見つけて、なんて素敵な表現!と思いました。
[ 2007/05/03 12:00 ] [ 編集 ]

きょうかさんへ

>私の場合右脳が肥大発達し、左脳がほとんどないような気がします。

いえいえ、少なくとも英語に関しては、きょうかさんは左脳も十分に発達してると思いますよ。きょうかさんは文法とかも苦にしないじゃないですか。
私なんか文法用語をみるとげんなりしてしまうタイプなので・・・(^^;
[ 2007/05/03 12:47 ] [ 編集 ]

momoさんへ

>私の場合は、一番難しいのは自分の心だったりもします(^^;

そう感じてる人は、意外に多いと思いますよ。かくいう私も、まだまだ修行がたりません(^^;

人の心って、必ず波がありますからね~。「コロコロ変わるから心と言うんだ」という人もいるくらいです(笑)
[ 2007/05/03 12:54 ] [ 編集 ]

青空さんへ

>heartも1万回くらいは出ていました、失礼しました(--;)

1万個くらいなら、わりと数えやすかったでしょうね??(笑)
いずれにしても、心の安らぎを得るうえでは、mind であれこれ考えてもダメだ、ということなんでしょうね。

>お見舞いのカードに
>Take care,
>Take heart,
>Take it easy,

素敵な表現ですね^^
私もこれ使っちゃおうかな?^^
[ 2007/05/03 13:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1english.blog76.fc2.com/tb.php/400-df93ef70






SEO対策:英会話 SEO対策:英語 英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。