英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

無料英会話教室: 息苦しいの? 

今日も花粉症関連にしておいたほうが区切りが
いいので、最後にもうひとつだけ、ご紹介しておきます。

明日は、既出英語表現の復習なので(^^;


■英語で言ってみよう!


息苦しいの?


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。


    ヒント1: "are" を使います


    ヒント2: "have" を使います


    ヒント3: "trouble" を使います



        ↓



■ネイティブの英語: 

Are you having trouble breathing?

"have trouble ...ing" で、
「~するのが困難だ。~するのに苦労する」 といった
感じの意味ですね。


花粉症関係の英語サイトを読んでいると、アレルギー性鼻炎
や花粉症は、喘息(asthma)などとも関連がみられるという
記述をよく見かけます。

例えばこんな感じで。

Hayfever often runs in families, and is also related to asthma.
(花粉症は遺伝する事が多く、喘息とも関連がある)

"run in the family" (遺伝する)は、以前にやりましたね。
もうすぐ復習編に出てくるころかな?

それはさておき、花粉症も喘息も、呼吸器系の疾患という
意味では、近いものがあるんでしょうね。

良い所はどんどん遺伝してほしいものですが、悪い所は
なるべく遺伝してほしくないですよね。なかなか、そうも
いきませんが・・・(^^;
        
<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


  人気blogランキング 
   様々な英語・英会話情報が無料で手に入ります       
 

  英語学習ランキング
   英語学習に関する様々な情報が満載です

                    
  みんなの英会話奮闘記 
   がんばってる人のための英語・英会話奮闘記

 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。




ちょっとサボっている間に!
花粉症シリーズも終わりなのですね。お疲れさまです。

Are you having trouble ~ing? は、私はドンくさいので、聞かれることの方が圧倒的に多そうですが(^^;
尋ねる側の練習もしとかないといけませんね。

下の花粉症対策もホントに、そんなに難しい単語は使われていないんでしょうけど、普段の会話に応用できそうなものがテンコ盛りですね。対策の内容と併せて、覚えておきたいものがたくさん!メモで腕が疲れました(笑)

[ 2007/04/28 12:57 ] [ 編集 ]

Mojoさんへ

はい、サボってると置いてっちゃいますよ♪(笑)
なんちゃって(笑) たまには息抜きも必要ですね^^

いい文章は、英会話にもライティングにも応用できますよね。気に入って頂けて、よかったです^^
[ 2007/04/28 13:54 ] [ 編集 ]

横レス気味ですが、易しい良い文章について私も・・

よく仕事の一巻で英検の過去問題を読むのですが、すごく勉強になります。(準2級くらいのもの)易しい単語で書かれているのですが、すごく読みやすく、自分が話すときも使えそうな言葉がたくさん。
塚本さんが紹介してくださった花粉症の文もそんな感じでした(^^

今日の記事ですが、いつもtroubleのあとにinがくるんだっけどうだっけ、と一瞬考えてしまう私です(^^;
[ 2007/04/28 21:40 ] [ 編集 ]

きょうかさんへ

とくに会話のときは、難しい単語を知っているかどうかよりも、簡単な単語をどのように組み合わせて使っていくかが大切ですよね。
英検準2級くらいの文章もなかなかいいんですね。こんど本屋に行ったら、パラパラめくってみます^^
[ 2007/04/29 00:09 ] [ 編集 ]

塚本さんのヒントに"have"があったので、なんとか正解できました!

でも、ヒントなしだったら、"getting trouble" って答えたと思います。
"have"の方が症状が持続している感じでしょうか?
[ 2007/04/29 10:21 ] [ 編集 ]

青空さんへ

"getting trouble"は何か変だという事は分かったのですが、自分でも理由がよく分からなかったので、ネイティブに確認してみました。

結論としては、英語ではそういう表現はしない、ということです。文脈的に合っていれば"getting trouble"で意味が通じる可能性はありますが、ネイティブの耳には不自然に聞こえるそうです。


[ 2007/04/29 11:55 ] [ 編集 ]

御親切に、調べてくださってありがとうございました。
ん~、どっかで聞いたことがあるように思うんですが、勘違いかなぁ~、、、
すみません!
[ 2007/04/30 14:49 ] [ 編集 ]

青空さんへ

何かと勘違いしてる可能性もありますね。
ちなみに見た目が似ているけど意味は違う "get into trouble" なら、進行形も可能です。
[ 2007/04/30 20:41 ] [ 編集 ]

あ~!たぶん、そうです。
時々耳にしていて、あやふやでした。
よく調べて勉強します~。有難うございました!
[ 2007/05/02 11:35 ] [ 編集 ]

青空さんへ

発音が似てますもんね。参考になってよかったです^^
[ 2007/05/02 15:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1english.blog76.fc2.com/tb.php/396-962a330a






SEO対策:英会話 SEO対策:英語 英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。