英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Some と Any の使い方 上級編 パート1 

今日は some と any の使いかた、の続きを書きたいと思います。

前回までの記事↓

Some と Any の使い方 文法からのアプローチ

Some と Any の使い方 意味の違いからのアプローチ 基礎編


前回の記事では、some と any の意味の違いに注目するアプローチについて書きました。

じつは、その後も、多くのネイティブスピーカーの協力のもと、some と any の微妙なニュアンスの違いについて、さらに研究を進めて来ました。

その結果、some と any の微妙なニュアンスが、さらにクリアになりましたので、これまでの成果をご紹介したいと思います。

(注)ニュアンスの違いが微妙な場合もあり、文脈によっては、両者の差がほとんどない場合もあります。また、ネイティブスピーカー同士でも、国によって、人によって、感じるニュアンスには差があります。


かなり微妙なニュアンスまで掘り下げてありますので、逆に、前回の記事より、ちょっと分かりにくい可能性もあります(^^;

もし、今回の記事(上級編)を、あまりよく理解できない場合は、前回の記事(基礎編)のみを参考にしても、問題ありません。

基礎編をマスターしたうえで、さらに微妙なニュアンスを知りたくなったら、再度、上級編を読み返して頂ければよいと思います。

では、前置きはこのくらいにして、本題に入りますね。


まず、上級編における some と any の違いから。

・some は 「漠然としてはいるが特定の数、量、モノ、事、人」を指す(particular)

・ any は 「どんな~でも構わない」(whatever)



(例文)


Try something else.
(何か別の事をためしてみなさい)

Try anything else.
(別なことでありさえすれば、どんな事でも構わないから、別のことを試してみなさい)


○自然 I'm looking for that special someone to marry.
(結婚相手にふさわしい特別な人を探してるんだ)

×(不自然) I'm looking for that special anyone to marry.
(結婚相手にふさわしい特別な誰かを、どんな人でも構わないけど探してるんだ)


some と any の違いは、肯定文においては、非常にハッキリとしています。

しかし、疑問文では、両者のニュアンスの差が、やや狭まります。


<Some と Any のニュアンスの差(イメージ図)>

■肯定文  some ← ← 差が大きい → → any


■疑問文        some差が小さいany

↑これが、some と any の違いが分かりにくい最大の原因のようです。


そこで、上級編では、ニュアンスの差がわかりにくい疑問文を中心に取り扱っていきます。

ちなみに、any が疑問文で使われる場合、2通りの意味になる可能性があります。

1.質問型(あなたは何でも構わないの?)

(例)夕食のおかずは、どんなものでも構わないの?

2.譲歩型 (私は、どんなものでも構わないから)

(例)私がえり好みさえしなければ、何か少しくらい食べるものをもらえますか?

※譲歩型の場合、「これだけ譲歩すれば、ほしいもの(この場合は食べ物)が少しは手に入るのではないか?」という期待が入ります。


この2通りの意味のうち、どちらになるかは、文脈で決まるわけです。


具体例を見てみましょう。

※分かりやすくするために、意味の違いを少し誇張してあります。


A: Can I ask you some questions?
(いくつか質問があるんだけど、質問していいよね?)

B: Can I ask you any questions?
質問型 (どんな質問をしても構わないの?) または
譲歩型 (質問は受け付けてないみたいだね。でも、どんな質問でもいいから、何か質問をしたいんだ。何かひとつくらい質問しちゃだめかな?)


Aの場合、すでに、どんな質問をするか(=特定の質問)を心の中で決めています。その質問をしないと、疑問が解消しないので、モヤモヤして気持ちが悪いわけです。

ですから、Aは「イエス」という答えが返ってくる前提で尋ねています。別の言い方をすると、答えがイエスだろうという先入観を持った質問であるとも言えます。

それに対し、Bは、「どんな質問ならOKなのか」について尋ねている段階なので、まだ、具体的な質問は決まっていません。

なおかつBの場合は、質問内容(「どんな質問をしてもいいの?」または「(質問は受け付けないみたいだけど、何かひとつくらい質問しちゃだめかな?」)から言って、「ノーという答えが返ってくるかもしれない」という気持ちが少し入ります。

ただし、譲歩型(「たとえどんな質問でも構わないから」)の場合は、「これだけ譲歩してるんだから、何か質問させてくれるかもしれない」という期待も入るわけです。

そのため、 Bの場合は、「答えがイエスでもノーでもいいや。ダメもとでいいから聞いてみよう」という気持ちが感じられます。

また、any は何も特定しない表現(whatever)ということもあり、some を使っているAに比べ、Bは先入観のないニュートラルな質問ということができます。

じつは、こうしたニュアンスの違いは、この例だけにとどまりません。程度の差こそあれ、some と any を使った疑問文全般に反映されます。

短くまとめると・・・

■疑問文でSomeを使う場合
特定の何かがすでに頭の中に浮かんでいる。「イエス」という答えが返ってくる前提で尋ねている。先入観のある質問。

■疑問文でAnyを使う場合
特定の何かを指しているわけではない。答えはイエスでもノーでもいい。そういう意味で、先入観のないニュートラルな質問。

・・・という傾向がある、ということになります。


それでは、こうしたニュアンスの違いが、個別のケースにおいて具体的にどのように反映されるかを、詳しくみていきましょう。

記事が長くなったので、続きは次回に持ち越しますね^^

<関連記事>

Some と Any の使い方 文法からのアプローチ

Some と Any の使い方 意味の違いからのアプローチ 基礎編

Some と Any の使い方 意味の違いからのアプローチ 上級編2



<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


  人気blogランキング 
   様々な英語・英会話情報が無料で手に入ります       
 

  英語学習ランキング
   英語学習に関する様々な情報が満載です

                    
  みんなの英会話奮闘記 
   がんばってる人のための英語・英会話奮闘記

 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。


 


そうですね。
私もsomeとanyは、someは特定でanyはなんでもみたいな感じで考えて使いわけてます。
someとanyより、everyとanyのどっちを使おうかで迷うときがありますw
[ 2007/04/09 16:08 ] [ 編集 ]

かずきさんへ

はい、大本は非常にシンプルなんです^^  
それに加えて肯定文と疑問文でニュアンスに差があったり、答えに対する期待度が違ったり、先入観の有無だったりという要素を考慮して、any と some をより広い観点から見られるようになると、かなりネイティブスピーカーの感覚に近づくと思います。
次回は、具体例をたくさん出しますので、より分かりやすくなると思います^^
[ 2007/04/09 17:13 ] [ 編集 ]

とりあえず、私の場合はシンプルに
一番基本のsomeは特定、anyは何でも
という考え方を頭に入れときます。
感覚の細かいところまで理解するのには、
まだ英語力が足りないみたいなので・・・
少しずつわかるように頑張っていきます。
物分りの悪い生徒みたいですが、よろしく
お願いします。
[ 2007/04/09 21:50 ] [ 編集 ]

まめっちママさんへ

はい、最初は一番の基本を押さえて頂くだけでも、十分だと思いますよ。
本文にも書いてますが、より微妙なニュアンスを知りたくなったら再度読んでみる、というスタンスでいいと思います。
もっとも次回の記事では具体例をたくさん出しますので、読んでいくうちに、今よりも理解が深まるとは思います^^
[ 2007/04/09 23:13 ] [ 編集 ]

これだけ書かれるのは本当にお時間がかかったと思います。
ありがとうございます。
このあたりの微妙なニュアンスもしっかり掴めば、ネィティブの感覚がつかめるのではないかと思いますので、しっかりと覚えておくようにします。
また次回にも続くのですね。塚本さんは大変だと思いますが(すみません!)とても楽しみにしてます。よろしくお願い致します。
[ 2007/04/10 09:45 ] [ 編集 ]

塚本さん、ご無沙汰いたしておりました。
久しぶりにサイト、拝見いたしました。
Some と Any 結構迷う使い方ですよね。
適当に使ってしまっていますが、こうして説明を読ませていただくと、なるほど!です。
また、遊びにこさせていただきます。
[ 2007/04/10 10:03 ] [ 編集 ]

きょうかさんへ

そうなんです。ネイティブスピーカーたちの見解を論理的・体系的にまとめるのには、けっこう時間がかかりました(^^;
無意識に使っている母国語の感覚を論理的に説明するのは、かなり難しいことのようです(^^;
でも、そのおかけで、日本人には分かりにくいニュアンスの論拠を説明できるようになったと思います。「基礎編」のようにシンプルにいけないところが、ちょっぴり残念ですが(^^;
[ 2007/04/10 10:13 ] [ 編集 ]

クッシーさんへ

お久しぶりです。
なるほど!と思って頂けてよかったです。「基礎編」のようにシンプルな説明ではないもので(^^;
次回の記事と併せて読んでいただけると、「なるほど!感」は増すと思います^^
[ 2007/04/10 10:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1english.blog76.fc2.com/tb.php/377-1c732e4f






SEO対策:英会話 SEO対策:英語 英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。