英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

英語には英語でしか感じられないニュアンスがある 

きょうは、ふと、あらためて思い出したことを書いてみます。


それは、英語には英語でしか感じられないニュアンスが存在
する、ということです。


わたしが、初めてこれを強く感じたのは、テレビで
二ヶ国語放送の映画を観ていたときのことでした。
(二ヶ国語放送なので、当然、字幕はなしです)


じつは、その映画のタイトルも、どんな映画だったのかも
覚えていないのですが(^^;、その中のワンシーンだけは
いまでもハッキリ覚えています。


それだけ印象的だったんですね。


そのシーンの状況を説明すると・・・


戦争映画か何かで、数十名の兵士たちが、
上官から、これから参加する軍事作戦の
説明を受けているところでした。


兵士たちの一部は、上官の説明中にもかかわらず、
「お偉方は何にもわかっちゃいない」という感じで
お互いに意見を交し合っています。兵士全体も、ちょっと
だらけた感じでした。


上官は説明が終わると、最後に「諸君、幸運を祈る」と言います。


このセリフの部分が問題です。


上官が "Good luck." と言っても、だらけた雰囲気は
かわりませんでした。


ところが・・・


その上官が最後に付け加えた言葉で、兵士全体が一瞬にして
姿勢を正し、ピリッとなったのです。


その言葉とは、これです。



"Gentlemen!"



たったこの一言で、場の空気がガラッとかわりました。


日本語に訳してしまえば、「紳士諸君」という意味ですが、
英米人とって、"gentlemen" と呼びかけられることが
どれほど大きな意味をもっているかが、感じ取れたシーン
でした。


日本語の吹き替えで何と訳しているかは、正確には分かりませんが
おそらく日本語として自然なように「諸君、幸運を祈る!」と
訳していると思われます。


その場合、「紳士」というニュアンスが抜け落ちてしまいますし、
兵士たちがピリッとするのは、「幸運を祈る!」の部分になって
しまいます。


そもそも、日本語で「紳士諸君」と呼びかけられても、いまひとつ
ピンと来ないように感じるのは、おそらく私だけではないでしょう。


(もっとも日本の兵士なら、そんなこと言われなくても、
 最初からピリッとしているでしょうが・・・(^^;)


やはり、英語で聞いて、"gentlemen" という言葉に対する兵士たちの
反応を目にしないと、理解できないニュアンスだと思います。


これは単なる一例にすぎませんが、こうした例はいくらでもあります。


英語を日本語に訳すことはもちろん可能ですが、英語のもつ微妙な
ニュアンスをすべて日本語に訳出することは、ほとんど不可能に近い
と言っていいと思います。


ですから、もともと英語で作られた作品(映画や小説など)を
本当に楽しもうと思ったら、やはり直接、英語で理解できるように
なることが、どうしても必要ではないかと思っています。



[ 2006/10/01 13:44 ] わたしの英語遍歴など | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1english.blog76.fc2.com/tb.php/27-daf830f4






SEO対策:英会話 SEO対策:英語 英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。