英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

無料英会話教室: 両替所はどこですか? 

海外旅行関係の英語表現、両替編です。

お決まりの表現(?) をまだやっていませんでしたので
今日はこれにしてみました。


■英語で言ってみよう!

両替所はどこですか?


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。


    ヒント1: "where" を使います


    ヒント2: "can" を使います


    ヒント3: "money" を使います

        ↓


■ネイティブの英語: 

Where can I change money ?


"change money" (お金を変える)で、「両替する」 という
意味になります。

英語をみてお分かりのとおり、「両替所」だけに特化した
表現ではありませんので、例えば銀行の中に入って
「両替窓口はどこですか?」といった場合にも使えます。

ちなみに、両替所(店)のことは、 money-changer とか
"exchange house"、"bureau de change"(注)などと
表現します。

(注)"bureau de change" 
  
  発音は、ビューロゥ・ドゥ・シャンジュ。 
  フランス語ですが、海外旅行者の便宜のため、フランス以外の
  ヨーロッパ諸国でも、この表記が広く採用されているようです。

        
<もし、この記事が、参考になったとか、おもしろい、
   と思ってくださったら、ぜひクリックをお願い致します。 >


  人気blogランキング ←皆様のクリックに感謝しております^^
   様々な英語・英会話情報が無料で手に入ります       
 

  英語学習ランキング
   英語学習に関する様々な情報が満載です

                    
  みんなの英会話奮闘記 
   がんばってる人のための英語・英会話奮闘記

 


bureau de change は忘れてました。両替は頭が痛いです、計算が弱いので(^^;
[ 2007/02/24 16:51 ] [ 編集 ]

きょうかさんへ

計算は私も苦手なほうです(^^; なんか面倒なんですよね~(^^; 
[ 2007/02/24 18:11 ] [ 編集 ]

bureau de change フランス語は難しくて
文法の初期段階で挫折しました。
発音もさることながら、女性名詞や男性名詞
という概念についていけませんでした。
活用もやたら多くて中国語みたいに
活用がない言語と比べると、もうちんぷんかんぷん。
[ 2007/02/25 00:10 ] [ 編集 ]

私はフランス語に弱いんです。話せないという意味ではありません(あ、いえ、実際話せませんが ^^;)。「ビューロゥ・ドゥ・シャンジュ」なんて言葉でも、誰かに言ったらカッコいい~!!と思ってしまいそうです。フランス語訛りの英語にも憧れて、一瞬ちょっとやってみましたが、「気持ち悪い...」と言われました(笑)
またまた関係ない話ですみません。ちゃんと覚えて帰ります♪


[ 2007/02/25 07:43 ] [ 編集 ]

まめっちママさんへ

私もフランス語は苦手ですよ。私が知ってるのは、英語の中に外来語として入ってきたフランス語や、「ボンジュール」くらいのものです(^^; むかしフランス旅行の直前に、ちょっとだけ付け焼刃で勉強しましたが、すっかり忘れました(^^;

女性名詞・男性名詞という概念や、活用の多さは、フランス語に限らずヨーロッパ言語の特徴みたいです。そういう意味で英語は特殊な言語なんですよね。英語の場合、ギチギチのルールがない代わりに、やたらと例外が多いのが、ひとつの特徴らしいです。

[ 2007/02/25 08:52 ] [ 編集 ]

Mojoさんへ

Mojoさんは、きっとフランス語の響きが好きなんですね^^
フランス語で「ジュ・テーム」なんて言われたら、メロメロになっちゃったりして?(笑)

[ 2007/02/25 09:00 ] [ 編集 ]

フランス語

塚本さん、コンニチハ。

bureau de change、カナダでも良く見かけます。
というのは、カナダの公用語は英語とフランス語で、
2ヶ国語表記が法律で定められているからです。

公務員になるには、二ヶ国語が喋れることが条件だそうです。

食品など、すべて二ヶ国語表記なので、面白いですよ!

☆以前に写真入で記事を書きましたので、ご覧下さいませ。

http://app.blog.livedoor.jp/aozoraca/tb.cgi/50284703

[ 2007/02/25 15:37 ] [ 編集 ]

青空さんへ

そうですよね。たしか、とくにケベック州はフランス語人口の割合が多いんでしたよね^^
法律で2ヶ国語表記が定められていることまでは知りませんでした。ありがとうございます。写真入り記事も拝見しました。

そういえば、先日、テレビで冬のカナダの様子を伝える番組をやってました。カナダの賃貸契約では、大家さんが室温を21℃以上に保つことが法律で決まってるらしいですね。ほかにもオーロラの映像とか、なかなか面白かったです^^


[ 2007/02/26 10:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1english.blog76.fc2.com/tb.php/264-a02c5607






SEO対策:英会話 SEO対策:英語 英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。