英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

無料英会話教室: 20ドル札を4枚、10ドル札を2枚、残りは25セント硬貨でお願いします。 

海外旅行関係の英語表現、両替編です。


■英語で言ってみよう!

20ドル札を4枚、10ドル札を2枚、残りは25セント硬貨で
お願いします。


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。


    ヒント1: "four" を使います


    ヒント2: "two" を使います


    ヒント3: "in" を使います

        ↓


■ネイティブの英語: 

Four twenties, two tens, and the rest in quarters, please.


"How would you like it?" (両替の内訳はどういたしますか?)と
きかれて、きっちりと指示したい場合は、例えばこういった言い方
をします。

上記の例だと、「○○ドル札」という表現は省略形にしてあり
ますが、正式には "twenty dollar bills"(20ドル札) や 
"ten dolalr bills" (10ドル札)といった呼び方になります。

ただ、いちいち "dollar bill(s)" を後ろにつけるのが面倒なのと、
お札の話であることが自明なことから、省略形で用いることが
多いようです。

なお、会話では、「○○ドル」 という場合に、dollar ではなく buck
という単語が使われることが多いので覚えておいたほうが良いと
思います。

(例)  100 bucks (100ドル)

なぜ buck という言葉がドルの代わりに使われるように
なったのか、というと・・・

その昔ネイティブ・アメリカン(いわゆるインディアン)が白人と
取引する際に、貨幣の代わりに雄鹿(buck)の皮を使ったことに
由来するそうです。
(Wikipediaより。ちょっと補足してあります。) 

星座の話のところで出てきた、bcuk(去勢していないオスの鹿。
ヤギやウサギのオスのことも指す)が、こんな所でお金の話に
つながっていて、面白いです^^

ついでなので、ドルのニックネームを他にもご紹介しようかと
思ったのですが、長くなりそうなので、次回の記事で書くことに
します。

最後の quarter(s) は、25セント硬貨のことです。
25セントは、1ドルの4分の1(quarter) であることから、このように
呼ばれています。もちろん、アメリカの通貨の場合の話ですが。

ちなみに、アメリカでは quarter(25セント硬貨)が最も使用頻度が
高い硬貨と言われていて、自動販売機などでも quarters がないと
困る場合がありますので、両替の際は、お忘れなく。

当然ながら、通貨単位や硬貨の呼び方は国によって異なります
ので、両替の際は、あらかじめ観光ガイドブックなどでご確認
ください^^

        
<もし、この記事が、参考になったとか、おもしろい、
   と思ってくださったら、ぜひクリックをお願い致します。 >


  人気blogランキング ←皆様のクリックに感謝しております^^
   様々な英語・英会話情報が無料で手に入ります       
 

  英語学習ランキング
   英語学習に関する様々な情報が満載です

                    
  みんなの英会話奮闘記 
   がんばってる人のための英語・英会話奮闘記

 


数字って難しいですよね。
ぱっとその場ででてくるかどうか…。
the rest in ... 覚えておきたいと思います。
[ 2007/02/22 14:39 ] [ 編集 ]

英語の場合、数字の読み方が日本語と違うので
困ります。時計の読み方も私は苦手です。
そういえば娘が聞いている英語CDの中で6bucks
と言ってました。
娘がこれっていくらのこと?って聞いてきたので
記憶にあります。
[ 2007/02/22 21:38 ] [ 編集 ]

これです!私が苦手なのは!困ったら下の、"I'd like small change." で対応しようと思いますが(笑)、良い機会ですので何パターンかシュミレーション練習してみようと思います。
あと、"the rest in quarters" もしっかり練習しないといけませんね。
記事中にも書いていらっしゃいますが、25セント硬貨って、ものすごく必要ですよね。数年前、私はアメリカ研修で3週間ほど寮生活を送るはめになったんですが、寮内の飲み物は全部、自販機利用だったんです。その上、コインランドリーでは25セント硬貨が4枚だったり...。とにかく quarter がないと生活できなくて大変でした。
25セント硬貨集めに躍起になった数週間でしたよ(^^;
[ 2007/02/22 22:55 ] [ 編集 ]

momoさんへ

数字の英語は、日本にいるとあまり使うことがないので、意外と難しい分野ですよね。これは、たぶん慣れしかないと思います^^

[ 2007/02/23 08:51 ] [ 編集 ]

まめっちママさんへ

そうですね。日本だと桁の読み方が万単位なのに、英語だと千単位ですよね。これもいい間違えをしやすい部分です。特にビジネスにからむ場面では、数字は重要なので、しっかり練習しておきたい分野ですね。

[ 2007/02/23 08:57 ] [ 編集 ]

Mojoさんへ

そうですね。私も、シミュレーションをしてみるのが一番いいかと思います^^

アメリカでは、quarter がお金の基本単位って感じですよね^^
[ 2007/02/23 09:04 ] [ 編集 ]

私も

the rest in quartersをしっかり復習したいです。

私のホストマザーはあんまり洗濯をしない人だったので(2週間に一度とか3週間に一度だった!)時々、25セントを握り締めて大学のそばのコインランドリーに通っていました。
そこの洗濯機は使い方が複雑なのでお母さんしか使ってはいけないと言われていたので(以前使い方を留学生が何度か間違って故障したとかで)。25セントは必需品でした。懐かしいです(笑)
[ 2007/02/23 09:32 ] [ 編集 ]

きょうかさんへ

留学中は、ホームステイをしてたんですね^^

一般に日本人のほうが、キレイ好きのように思うので、洗濯の頻度も多いような気がします。とくにホームステイだと、手持ちの衣類もある程度限られるでしょうから、こまめに洗濯してくれないと困りますよね~。

quarters は、やっぱり大切な硬貨ですね^^
[ 2007/02/23 10:11 ] [ 編集 ]

Quarter!

the rest in~ですか、勉強になりました!

カナダの硬貨にもquarterがあります。
トナカイの顔が書かれています!
とっさに上手く使えなくて、財布にたまりがちですv-61

quarterは公衆電話をかけるときのdepositに必要ですね、
あと、駐車料金を支払うときとか、、、

カナダでは米コインも同様に使えるんですが、
逆はダメみたいです。レートの格差があるからでしょうね。

そういえば、コインにまつわる失敗談は数知れず、、、
ブログネタが見つかりました(笑)
[ 2007/02/23 11:53 ] [ 編集 ]

青空さんへ

トナカイの絵が描かれてるなんて、なんとなくカナダらしくていいですね^^

>カナダでは米コインも同様に使えるんですが

そうなんですか!知りませんでした。

ブログネタのヒントになって嬉しいです(笑)じゃあ、その記事を楽しみにしてますね^^

[ 2007/02/23 12:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1english.blog76.fc2.com/tb.php/262-2374420c






SEO対策:英会話 SEO対策:英語 英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。