英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

無料英会話教室: 鬼ごっこしようよ。 

子供の遊びに関する英語表現です。

誰しも、子供のころに遊んだ経験のある鬼ごっこ。
単純だけど、すごく楽しい遊びですよね。

今日の英語表現です。


■英語で言ってみよう!

鬼ごっこしようよ。


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。


    ヒント1: "let" を使います


    ヒント2: "play" を使います


    ヒント3: "tag" を使います

        ↓


■ネイティブの英語: 

Let's play tag.


この場合の tag は、「鬼ごっこ」という意味です。

ふつう tag というと、真っ先に思い浮かぶのは、
"a price tag"(値札)とか、 "a name tag" (名札)ですよね。

それがなぜ、鬼ごっこという意味になるのか、正確なところは
わかりません。

ただ、ある程度の推測はつきます。

tag には、当然のごとく(?)、「札をつける」 という意味も
あります。

札をつけるには、対象に近づかなければなりませんから
その連想で、tag には「~のすぐ後ろをついていく」という
意味もあります。

鬼ごっこでは、タッチしようとして鬼が相手のすぐ後ろを追いかけ
ますよね? 鬼ごっこの tag は、おそらく、そこから来ていると
思われます。少なくとも、なんとなく納得できそうな気がしませんか?

で、鬼がタッチしようとするところから、 tag には
「鬼ごっこで鬼がタッチする」という意味まであります。

さらには・・・
その意味が発展して、スポーツでも tag が、「タッチする」という
意味で使われているんです。

例えば、日本の野球では、「タッチアウト」という言葉が使わますが
英語では tag または "tag out" という言葉が使われます。

また、いわゆる「タッチアップ」は、"tag up"と言います。

じつは tag には他にも派生した意味があるのですが、長くなるので
これくらいにしておきますね。

なんで tag には、こんなに派生した意味があるんだろう?と不思議な
くらいです(^^;

ふー。思いのほか、書くのに時間がかかってしまいました。


あ、ちなみにイギリスの子供たちは、鬼ごっこのことを tig と
呼ぶそうです。(理由は不明です(^^;)

当然のごとく(?) tag も tig も、もとは同じ言葉だったんだろうな~と
いう推測はつきますが、それ以上のことは分かりません(汗)


鬼ごっこの話は、もう少し続く予定です^^

        
<もし、この記事が、参考になったとか、おもしろい、
   と思ってくださったら、ぜひクリックをお願い致します。 >


  人気blogランキング ←皆様のクリックに感謝しております^^
   様々な英語・英会話情報が無料で手に入ります       
 

  英語学習ランキング
   英語学習に関する様々な情報が満載です

                    
  みんなの英会話奮闘記 
   がんばってる人のための英語・英会話奮闘記

 

[ 2007/01/29 11:57 ] 子供に関する英会話 | TB(1) | CM(6)

娘に聞くと、やはり「Let's play tag」
と言ってました。
大人って難しい英単語は知っていても
こういう日常に使うような言葉は意外と
知らなかったりしますよね。
[ 2007/01/29 17:52 ] [ 編集 ]

おはようございます。
「パワーパフガールズ」...そんな子供向けの漫画は塚本さんはご覧にならないでしょうが(^^; その中で出てきました♪
鬼がタッチするときの "tag, you're it!" が昔自分たちが「バリア!」などと言って遊んでいた感覚と近い気がして面白いと思いました(笑)
[ 2007/01/30 06:07 ] [ 編集 ]

きょうか

以前、play at a tug of war(綱引きをする)という語を覚えた時、こちらのtagと混ざってしまい、しばらくの間ややこしい思いをしました(笑)
今思い出し改めて復習しました。
[ 2007/01/30 09:19 ] [ 編集 ]

まめっちママさんへ

そうですね。とくに子供時代の英語は抜け落ちてることが多いと思います。
でも、それが必ずしも悪いとは言いません。英語は自分に必要のある表現から覚えていくのが良いと思いますから。子供時代の英語は、知っておくといろいろ役立ちますが、だからといってビジネスに必須というわけではないですからね(^^;
[ 2007/01/30 10:42 ] [ 編集 ]

Mojoさんへ

さすがに、その漫画は読んだことないです(^^;
国や言語が違っても、子供の遊びはかなり似ている部分が多いですよね^^
[ 2007/01/30 10:45 ] [ 編集 ]

きょうかさんへ

"tug" と "tag" は、発音が似ていて、ややこしいところがありますよね(^^; 対比して覚えれば、覚えやすいのかもしれませんね。
[ 2007/01/30 10:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1english.blog76.fc2.com/tb.php/238-77bc60cb


鬼ごっこ鬼ごっこ(おにごっこ)は、かくれんぼと並んでこどもの文化|子供の屋外遊びとしては最もポピュラーなものである。鬼は子を追いかけ、子は鬼から逃げるという単純な図式は、多くの派生した遊びを生み出している。ルール鬼ごっこに明確なルールは存在しないが、一般
[2007/09/30 07:43] URL 子供の遊び・文学いろいろ




SEO対策:英会話 SEO対策:英語 英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。