英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

無料英会話教室: つもる話でもしようよ。 

何年かぶりに旧友と再会したりすると、いろいろと
話したいことが、てんこ盛りだったりしますよね。

今日の英語表現です。


■英語で言ってみよう!

つもる話でもしようよ。


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。


    ヒント1: "let" を使います


    ヒント2: "catch" を使います


    ヒント3: "up" を使います

        ↓


■ネイティブの英語: 

Let's catch up.


この場合の "catch up" にピッタリの日本語というと、なかなか
難しいのですが、いまのところ、「つもる話をする」という日本語が
一番近いかな?と思っています。

"catch up" の基本的な意味は、「追いつく」です。
それがどうして、「つもる話をする」という意味になるかを手短に
説明しますね。

例えば、5年間会っていない友人がいるとします。

その場合、お互いのことについては5年前の情報(古い情報)しか
持ち合わせていないわけです。古い情報とは、最新ではない
「遅れている情報」ということもできますよね?

その空白の(?)5年間に起こった出来事をお互いに話すことで
「最新の情報」をお互いに得ることができるわけです。

つまり、「遅れている情報」しか持っていなかった2人が、
「最新の情報」に「追いつく」わけですね。

そこから、"catch up" が、「つもる話をする」 といった感じの意味を
持つわけです。なんとなくお分かり頂けたでしょうか?

        
<もし、この記事が、参考になったとか、おもしろい、
   と思ってくださったら、ぜひクリックをお願い致します。 >


  人気blogランキング ←皆様のクリックに感謝しております^^
   様々な英語・英会話情報が無料で手に入ります       
 

  英語学習ランキング
   英語学習に関する様々な情報が満載です

                    
  みんなの英会話奮闘記 
   がんばってる人のための英語・英会話奮闘記

 


いい表現ですね!

英語ならではの表現ですね!
日本語→英語だけでなく、英語→日本語という形で表現を覚えていくことは有意義だなって思います☆

久しぶりのコメントでしたf(^^;
(先週忙しくて・・・)
[ 2007/01/27 12:08 ] [ 編集 ]

なるほど!!

「catch up」情報においつくイメージ
なんですね。
短くてもこんなにぴったり
言い表せるなんて・・・
奥が深いです。
[ 2007/01/27 13:31 ] [ 編集 ]

catch up はホント場面によって意味が違いますし、訳が難しいですよね。もっとも、私がよく使う catch up は飲み会に遅れて行ったときですが(笑)。

[ 2007/01/28 07:56 ] [ 編集 ]

ナッカンさんへ

研究課題の中間発表(でしたっけ?)で、ずいぶん忙しそうでしたよね。とりあえず、ひと段落したんですか? またブログ記事を楽しみにしていますね^^

[ 2007/01/28 09:52 ] [ 編集 ]

まめっちママさんへ

なかなか面白い表現ですよね^^
私も、初めて聞いたときは、「何に追いつくんだろう?」と思ってしまいました(^^;
[ 2007/01/28 09:56 ] [ 編集 ]

Mojoさんへ

そうですね。なかなかピッタリの日本語がなくて、困ってしまうこともありますよね~(^^;
[ 2007/01/28 10:04 ] [ 編集 ]

jo

この表現は昨年1年間で見まくった映画でよ~く耳にしました。今いろんな役者の声が頭の中で響いてます(笑)
一番ひびいてくるのは、あれかなやっぱしメリーに首ったけのTEDの声かな...。
でもこの1昨日前の記事のa lot has~もそうですが、こういうのをさらっとナニも悩むことなくいえるようになったら本物でしょうなぁe-280
[ 2007/01/28 10:56 ] [ 編集 ]

「つもる話」という日本語いいですね。
すごくcatch upという感じがでてて気に入りました。
[ 2007/01/28 12:25 ] [ 編集 ]

joさんへ

けっこう、よく使われる表現ですよね^^ そうですか、Tedも使ってましたか。残念ながら、その映画は観たことがありませんが(汗)
[ 2007/01/29 10:10 ] [ 編集 ]

momoさんへ

気に入って頂けて嬉しいです^^
ただ、「つもる話」と言ってしまうと、"catch up" のニュアンスより、ちょっぴり重い感じがするかな~と、自分ではちょっとスッキリしないところがあるんです(^^; まあ、まったく異なる言語なんだから、多少のニュアンスの違いはしょうがないですよね(^^;
[ 2007/01/29 10:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1english.blog76.fc2.com/tb.php/236-5231f06a






SEO対策:英会話 SEO対策:英語 英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。