英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

無料英会話教室: 風邪、うつさないでよ! 

久しぶりに病気に関する英語表現です。


■英語で言ってみよう!

風邪、うつさないでよ!


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。


    ヒント1: " do " を使います


    ヒント2: " give " を使います


    ヒント3: " cold " を使います

        ↓


■ネイティブの英語: 

Don't give me your cold.


言われてみれば、なるほど!と思いますが、日本語の
発想からは、絶対に出てこない表現ですよね。

非常に似た表現に、
"Don't give it to me!" (その病気、うつさないでよ!)
という言い方があります。

そういえば、日本でも、目の病気などを 「もらいもの」
と言うことがありますよね。

たいていのプレゼントは、もらうと嬉しいものですが、
病気のプレゼントだけは遠慮したいところです(^^;

        
<もし、この記事が、参考になったとか、おもしろい、
   と思ってくださったら、ぜひクリックをお願い致します。 >


  人気blogランキング ←皆様のクリックに感謝しております^^
   様々な英語・英会話情報が無料で手に入ります       
 

  英語学習ランキング
   英語学習に関する様々な情報が満載です

                    
  みんなの英会話奮闘記 
   がんばってる人のための英語・英会話奮闘記

 


なるほど!

こんなふうに言えばいいのですね。
中学英語で十分通じる表現ですよね。
話せない人は、たぶん頭の中で難しい
作文をして、考えているうちに会話が
途切れるっていう感じでしょうか。
[ 2007/01/16 12:29 ] [ 編集 ]

まめっちママさんへ

ある意味、発想の転換ができるかどうかが、英語らしい英語をアウトプットできるかどうかの鍵ですよね。日本語の発想では、「風邪をあげる」なんていう表現は考えもつきませんから。

ちょっと難しい表現でいうと・・・
日本語の表現にとらわれずに、「それは本質的にはどういう状況を表すのか?」を思い描いて、それを英語で表現する、という感じだと言えるかもしれません。
[ 2007/01/17 09:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1english.blog76.fc2.com/tb.php/225-3f20f184






SEO対策:英会話 SEO対策:英語 英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。