英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

無料英会話教室: 電車がギューギュー詰めだったよ。 

電車に関する英語表現です。


■英語で言ってみよう!

電車がギューギュー詰めだったよ。


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。


    ヒント1: " train " を使います


    ヒント2: " jam " を使います


    ヒント3: " pack" を使います

        ↓


■ネイティブの英語: 

 The train was jam-packed.


jam-packed で、「ギューギュー詰め。スシ詰め。」という意味です。

jam も packも、それぞれ「詰め込む」という意味があるのですが、
それを両方合わせることで 「ギューギュー詰め。」という意味が強調
されています。

The train was packed. とだけ言っても、「満員電車だった」という意味に
なります。使用頻度で言えば、packed が一番多いと思います。

jam-pack は、"pack to capacity" (限界まで詰め込む)といった
感じです。

なお、packed よりも使用頻度は少ないのですが、同じ意味で
The train was jammed. と言う場合もあります。

        
<もし、この記事が、参考になったとか、おもしろい、
   と思ってくださったら、ぜひクリックをお願い致します。 >


  人気blogランキング ←皆様のクリックに感謝しております^^
   様々な英語・英会話情報が無料で手に入ります       
 

  英語学習ランキング
   英語学習に関する様々な情報が満載です

                    
  みんなの英会話奮闘記 
   がんばってる人のための英語・英会話奮闘記

 


jam-packed

jammedのほうを使っていました。
jam-packedのほうが広く使われているんですね。
ちょうど昨日乗ったラッシュ時の電車がそんな感じでした。
[ 2007/01/12 14:59 ] [ 編集 ]

momoさんへ

jammed の使用頻度は、packed と比較した場合です。その点が明確になるように、記事をちょっと修正しておきました。ありがとうございます。
[ 2007/01/12 15:39 ] [ 編集 ]

"jam-packed" もうギューギューに詰まってる!!って感じがしますね。まさに東京の満員電車にピッタリの言葉ですね。
...って、ナマで見たことはありませんが(^^;
地元の電車も、朝夕はまぁまぁ満員にはなりますが、せいぜい packed か crowded くらいで、身動きはとれます。
東京の満員電車は凄いんでしょうね。
[ 2007/01/12 15:42 ] [ 編集 ]

関西でも通勤特急はギューギューです

関西でも東京と同じで
朝夕は死ぬほど混んでいます。
押し込み役のアルバイトもいます。
ところで
交通渋滞のことをtraffic jamと
言いますよね。
これも同じような感覚ですか?
[ 2007/01/12 16:02 ] [ 編集 ]

Mojoさんへ

都心の朝のラッシュ時の混みかたは異常ですよね(^^; 
私はラッシュ時を避け、早めの電車に乗る習慣があるので、あまり「被害」に遭うことはないんですが、それでも人身事故で電車が遅れたりすると、とんでもない事になります(汗) しかも人身事故は、けっこう頻繁にあるんですよね~。

それと、もうひとつスゴイのが新宿駅からの最終電車です。みんな、終電を逃したら大変なことになると分かっているので、どんなに混んでいても、必死になって乗りこみ、恐ろしいことになります・・・(大汗) 
[ 2007/01/12 18:10 ] [ 編集 ]

まめっちママさんへ

やっぱり関西の電車もラッシュ時は、死ぬほど混むんですね(^^;

traffic jam も、基本イメージは同じです。
この場合は、「詰まりすぎて動けなくなった状態」の jam です。コピー機の紙詰まりの jam と一緒ですね。
[ 2007/01/12 18:56 ] [ 編集 ]

おばんです!!

塚本さん、こんばんは!!
転勤してから、電車にマズ乗らなくなりました。通勤には車ですし...。
今日の記事で東京にいたときの通勤地獄を思いだしました。ちなみに埼京線は痴漢が多くでる路線で、しかも息ができなくなるほど苦しクなる。口から内臓がとびでるのではないかと思うくらいにすさまじい。都心を走る地下鉄は油ギッシュ系のオジサン痴漢が多く出没。込み具合はやはり尋常ではない...。あ~マイカー通勤の天国たること...!!

すみませんv-294余計な話がながかったです(笑)

あ、ところで、先日の「やめろ!」の記事。ありがとうございました。私はget a gripも cut it out と同じだろうと思い込んでいたので、細かいニュアンスさえ調べようという気持にもならなかったんですよ。思いこみというのはコワイなと思いました。あぶなかったですね(汗)塚本さん、どうもありがとう!!
[ 2007/01/12 22:20 ] [ 編集 ]

joさんへ

じつは私も、一時期、埼京線を使って通勤していたことがあります。板橋駅の辺りなんか、本来なら人間が乗れる状況じゃないですよね(^^;

地下鉄も朝は混雑がすごいですよね~。最近は、通勤で地下鉄を使うことはないんですが、当時は、なるべく出入口から遠い車両(=なるべく空いてる車両)に乗るようにしてました。
[ 2007/01/12 23:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1english.blog76.fc2.com/tb.php/221-ad5febc5






SEO対策:英会話 SEO対策:英語 英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。