英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

無料英会話教室: 子供たちはサンタクロースを信じてるんだから、ガッカリさせないで。 

きょうも、サンタクロース関係にしてみました^^


■英語で言ってみよう!

「子供たちはサンタクロースを信じてるんだから
 がっかりさせないで。」



   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。

    ヒント1: " believe " を使います


    ヒント2: " let " を使います


    ヒント3: " down " を使います


        ↓


■ネイティブの英語: 

Kids believe in Santa Claus.
Please don't let them down.


   ↓発音に詳しくない場合の参考です
    (キッズ・ビリーヴィン・サンタクロース。
     プリーズ・ドン・レッ・ゼム・ダゥン )


すでにご紹介したとおり、"believe in..."は、「~の存在を
信じている」という意味です。

"let ... down" は、「~をガッカリさせる」という意味。

有名なビートルズの曲にも、"Don't let me down."というのが
ありますね^^

今日の表現を一文で言うとすれば・・・
"Please don't let down the kids who believe in Santa Claus." 
という感じになります。

でも、英会話は、短い文をつなげていったほうが話しやすいですし
自然な英語になりやすいです。参考にしてみてくださいね。

        
<もし、この記事が、参考になったとか、おもしろい、
   と思ってくださったら、ぜひクリックをお願い致します。 >


  人気blogランキング ←皆様のクリックに感謝しております^^
   様々な英語・英会話情報が無料で手に入ります       
 

  英語学習ランキング
   英語学習に関する様々な情報が満載です

                    
  みんなの英会話奮闘記 
   がんばってる人のための英語・英会話奮闘記

 


"Don't let me down" ありましたねぇ。懐かしいですね♪
場面によっては関係詞を用いたりもしますが、確かに、短く切って…のほうが「自然な会話」っぽいですね^^
[ 2006/12/23 19:50 ] [ 編集 ]

こんばんは。
サンタを信じている子供を
がっかりさせないでという気持ち
わかります。
わざわざ「そんなんおらん。家の人が買ってるんや。」
なんて言う夢のない人がいますから。
この表現は使えますね。

応援しときます。
[ 2006/12/23 20:57 ] [ 編集 ]

リンクを貼りました。

シーズンに応じた例文がパッと記載されおり、尚且つ役立つのでいいと思います!リンクを貼らせて頂きました。今後ともよろしくお願い致します!
[ 2006/12/23 21:50 ] [ 編集 ]

はじめまして!

塚本 真夫さま、こんにちは!
青空と申します。
カナダの田舎に住んでいます~。
ブログご来場&コメント有難うございました!

北米ではクリスマス休暇に入り、盛り上がっています。
サンタさんの存在は、偉大ですよね。
子供のような心で夢を持って生きていくことは、
生活を豊かにしてくれるのだと思います!

サンタ関連の記事をTBさせて頂きます☆
これからも宜しくお願い致します!
[ 2006/12/23 22:31 ] [ 編集 ]

ほんとですね。

まめっちママさんのおっしゃることにとっても同感しました!
そんなことわざわざ言うことないですよね。

かくいう私は小学校5年生の時、クリスマスに病院に行き、そこの先生が「今日はサンタが来るね。楽しみだね。」とおっしゃったのに対し、おとなしく「はい」と言ったのですが、あとで母に「先生はああ言ったけど、サンタなんていないよねえ。」と言ったまことに可愛げのない子供でした(汗)

このあいだ当時の私と同じ5年生の女の子に「○○くんがサンタなんていないって言うんだよ。先生、サンタはいるよね。」と言われ「○○ちゃんが信じているんだから、いるよ。私はそう思うよ」と言ったのですが、いまだにあの答え方でよかったのかと・・・(悩)

でも、クリスマスってたとえサンタがいないと思っていてもわくわくしますね。すごくこの時期は嬉しいですね。
[ 2006/12/23 22:33 ] [ 編集 ]

塚本さん!!
こんばんは~。
サンタですか。
自分の場合、小さい頃にどんな会話をしていたかも思いだせません。
多分すべてを想像で話すのですが、もう小学校にあがるくらいの子供達はもうサンタはリアルでないとわかってるのではないかなと思ってしまいます。世の小学生の言動とかってみてると...。それで、自分が小学中学年や高学年の頃を思いだしてみると...やっぱりFairyTaleだと思っているような子供でなかったし、周りも...だから、きょうかさんのその質問を投げかけてくるような5年生の女の子のほうがきっと貴重なタイプだとおもっちゃいました。おそらく皇室の紀子さまなみにTVとかみないっていうくらいに...(笑)
でも私は、クリスマスプレゼントくれるんだったら、信じたいな~サンタさん。
祈願文「○○○ください、サンタさんお願いします...。」

塚本さん!いつもありがとう。
おかげさまで殺人的忙しさから少し開放されたようです。
これからはまた足繁しげく、塚本さんのここにも出没してこれそうです。

右脳遣い"jo"よりv-40
[ 2006/12/24 01:01 ] [ 編集 ]

クリスマス・イブになっちゃいました

おはようございます…って早すぎるかな?
何て言ったってクリスマス・イブですもんねf(^^)

believe inbelieveにはニュアンスの違いってあるのでしょうか?
Kids believe Santa Clausとか。

今日はクリスマス(イブ)なので2回ずつ応援しますね(^^)
ポチッ、ポチッ、ポチッ!×2
[ 2006/12/24 04:42 ] [ 編集 ]

まめっちママさんへ

大人になっても夢を持ち続けられるような社会が理想ですね。応援ありがとうございます^^
[ 2006/12/24 12:49 ] [ 編集 ]

Jさんへ

リンクありがとうございました^^
後ほど、新着コーナーで紹介させて頂きますね。
[ 2006/12/24 12:58 ] [ 編集 ]

青空さんへ

ほんとですね。大人になっても夢を持って生きることができれば、人生が楽しくなると思います^^

[ 2006/12/24 13:09 ] [ 編集 ]

きょうかさんへ

子供から「サンタは本当にいるの?」と聞かれた場合の答え方は、難しかったりしますよね。

「信じているんだから、いるよ」っていうも、いい答えだな~と思いました。さすが、きょうかさん^^

参考までに、今日(12月24日)の記事で、アメリカの新聞社の「回答?」もご紹介しておきました。
[ 2006/12/24 13:18 ] [ 編集 ]

joさんへ

きっと「信じる者は救われる」→「信じるjoさんにはプレゼントがやってくる」ですよ(笑) たとえそれがサンタクロースからではなくても。

[ 2006/12/24 13:23 ] [ 編集 ]

ナッカンさんへ

原則としては・・・
"believe in Santa Claus"は、「サンタクロースがいると信じている」。
"believe Stanta Claus"は、「サンタクロースという人物?(またはサンタの言う事)を信じている。」 
という違いがあります。

もっとも、対象がサンタクロースの場合は、"believe" を使っても "believe in" の意味で使っているんだな、と判断してもらえるはずです。

[ 2006/12/24 13:37 ] [ 編集 ]

Mojoさんへ

一気にたくさんのコメントを頂いたので、うっかりしてコメント返しの順番が狂ってしまいました。ごめんなさい。

関係詞を使ったほうが上手に表現できる場合も、多いですよね^^ 

[ 2006/12/24 13:50 ] [ 編集 ]

I believe in music. I believe in love.
という歌がありましたね。ちょっと古いけど。
[ 2006/12/24 14:55 ] [ 編集 ]

クッシーさんへ

そうなんですか。その歌は知りませんでした。(あまり最近の洋楽は聴いてないので・・・(^^;)

この場合の "believe in" は、「~はいいものだと思う。正しいと思う。」という、"believe in"の、もうひとつの意味で使われていますね^^




[ 2006/12/24 16:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1english.blog76.fc2.com/tb.php/182-0d53bdbb






SEO対策:英会話 SEO対策:英語 英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。