英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

無料英会話教室: 鼻づまりになっちゃった。 

寒くなってきて、風邪をひいてしまったかたも
いらっしゃるようですね。

鼻が詰まったときの英語表現です。


■英語で言ってみよう!

 鼻づまりになっちゃった。

   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。


    ヒント1: "my " を使います


    ヒント2: " nose" を使います


    ヒント3: " is " を使います

        ↓


■ネイティブの英語: 

  My nose is stuffed up.


   ↓発音に詳しくない場合の参考です
    (マィ・ノゥズ・ィズ・スタッフトゥ・アップ)


"stuff up" は、「詰め込む。ふさぐ。」 という意味。

「鼻に何かが詰まってふさがっている」というイメージから
鼻づまりのことを、"My nose is stuffed up." といいます。


なお、"I've got a stuffed nose." とか "I've got a stuffy nose."
という言い方もあります。


ちなみに・・・

医学的にみると、鼻づまりとは、鼻の中に何かが詰まっている
のではなく 、鼻の中の粘膜が炎症を起こして腫れている状態
らしいですね。

私がむかし鼻づまりになったとき、「鼻水が詰まってるんだろう」と
勘違いして、思いっきり強く鼻をかんでいたら、鼻血が出てしまった
ことを思い出しました(^^;

        
<もし、この記事が、参考になったとか、おもしろい、
   と思ってくださったら、ぜひクリックをお願い致します。 >


  人気blogランキング ←皆様のクリックに感謝しております^^
   様々な英語・英会話情報が無料で手に入ります       
                     
  みんなの英会話奮闘記 
   がんばってる人のための英語・英会話奮闘記

  英語学習ランキング
   英語学習に関する様々な情報が満載です
        




stuffって便利な言葉ですよね。お料理の詰め物をする、とか、あとstuffed animalだとぬいぐるみ、とか。

ちなみに私は昔よくstuffとstaffを間違えて笑われたことがあります(作文で、です)^^;;

ではトリプルクリックしておきま~す。
[ 2006/12/08 11:58 ] [ 編集 ]

きょうかさんへ

stuff は、学校ではあまり教えないけど、実際にはよく使われる単語のひとつですよね。

そういえば・・・
むかし通っていたスポーツクラブでは、"Staff Only"(関係者以外立ち入り禁止)のところに、"Stuff Only"(モノのみ?)と表示してあったことを思い出しました(笑)

もしあのドアの先が物置だったとしたら、けっこう言いえて妙だともいえますが・・・(^^;

[ 2006/12/08 12:41 ] [ 編集 ]

私は鼻血は出ませんでしたが、やっぱり鼻水が詰まってるものだと思って思いっきり鼻をかんで、耳がおかしくなった経験があります(笑)
stuff と staff の間違い、私も何度か見かけたことがあります。チェックとかしないんですかね(^^;
[ 2006/12/08 21:52 ] [ 編集 ]

Mojoさんへ

やっぱり、知らないと鼻水がつまっているものだと勘違いしちゃいますよね~(^^;

staffとstuffの間違いは、もしかしたらドア関係の業者が勘違いしているのが原因かもしれませんね。前例に従ってやれば間違いないって感じで。(笑)

[ 2006/12/08 22:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1english.blog76.fc2.com/tb.php/156-e93536c8






SEO対策:英会話 SEO対策:英語 英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。