英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クリスマスカードについて その2 

【まずは昨日の記事の訂正から】

ふと気になって昨日の記事を読み返してみたところ、
一部記載ミスがあることに気がつきましたので、
お詫びして訂正させて頂きます(汗)

昨日の記事では、うっかりして
「感謝祭は欧米人にとって大切な休日」と書いてしまいましたが

正しくは・・・
「感謝祭は米国人(とカナダ人)にとって大切な休日」 です。

米国人と書いたつもりが、ケアレスミスで
欧米人となってしまっていました(汗)。

なお昨日の記事の該当部分はすでに訂正済みです。


ちなみにカナダの感謝祭は、10月の第2月曜日なので
クリスマスカードを出す時期とは関係ありません。

まぎらわしいので、昨日の記事ではカナダの記述は
省いてあります。

感謝祭の有無や時期などの違いはありますが、
クリスマスカードを送る時期については、どの国も
ほぼ一緒で、11月末ごろから投函をはじめます。


【ここから今日の記事です】

クリスマスカードを出す欧米の習慣は、一種の年中行事に
なっている点、友人・知人や顧客に対するあいさつとして
出す点など、日本の年賀状とよく似ています。

しかし、もちろん異なる点もあります。

そのひとつは、年賀状と違って、クリスマスカードの場合、
郵便局は投函されたものから、どんどん相手先に届けてしまう
ということです。

日本だと年賀状を早めに投函しても、郵便局が年賀状を
選り分けて、1月1日に着くように手配してくれますが・・・

欧米の郵便局は、クリスマスカードを選り分けてクリスマス当日
に一斉に届けるなんてことはしません。

というのも、そんなことをする必要はないからです。

クリスマスカードは一般に、11月末~クリスマス当日までに届けば
よい、とされているからです。

ただし、クリスマスイブまでに届くように投函すべきだ
という人もいます。それに、クリスマスが過ぎてから届くと
縁起が悪い、とも言われています。

いずれにしても早く届く分には構わないわけです。

クリスマス前は、クリスマスカードなどの郵便物が混みあうため
いつもより配達が遅れてしまうことも、よくあります。

ですから、海外にいる友人・知人にクリスマスカードを出すとしたら
なるべく早めに投函しておくに越したことはありません。


また、日本の年賀状と異なるもうひとつの点は
届いたクリスマスカードを家の中に飾って楽しむ習慣がある
ということです。それはクリスマス当日まで続きます。

この習慣があるからこそ、クリスマスカードが早く届いて
しまっても構わないわけですね。

昨日、電子クリスマスカードの話をしたように、欧米でも
メールで済ませる人が増えてきつつあるようです。

でも、昔ながらの伝統にしたがってクリスマスカードを家の中に
飾りたいと思う人にとっては、ふつのカードでもらったほうが、
きっと嬉しいでしょうね。


さて、「無宗教」の日本人が忘れがちなのが・・・

クリスマスとは基本的に、クリスチャン(キリスト教徒)の行事だ
ということです。

欧米にはクリスチャン以外の人もいますから 誰にも彼にも、
Merry Christmas! というカードを送ってよいとは限りません。

クリスチャンでない人にカードを送る場合は、
Season's Greetings (季節のごあいさつ) と書かれた
カードを送るのが一般的のようです。

        
<もし、この記事が、参考になったとか、おもしろい、
  と思ってくださったら、ぜひクリックをお願い致します。 >


 人気blogランキング ←皆様のクリックに感謝しております^^
  様々な英語・英会話情報が無料で手に入ります       
                     
 みんなの英会話奮闘記 
  がんばってる人のための英語・英会話奮闘記

  英語学習ランキング
   英語学習に関する様々な情報が満載です
        


 

[ 2006/12/01 08:12 ] ビジネス英会話 | TB(0) | CM(6)

おはようございます。そうでした!クリスマスカードシーズンでした!すっかり忘れてましたよ。そう言えば今年はAdvent Calender用意してませんでした。Thank you for reminding me!
しかしクリスマスカードは年賀状と比べると気楽で良いですね。仰る通り、クリスチャンか否かは気をつけないといけませんが、多少字が汚くても許されるところが自分としては嬉しいです(^^;
カードと言えば、日本では誕生日カードを送る習慣がないのが淋しいです。"Don't open until __."の封筒が届くと、中身は分かっていてもワクワクしちゃいます。

本日も御礼ポチポチポチっとしていきます~^^
[ 2006/12/01 09:44 ] [ 編集 ]

Mojoさんへ

そうですね。年賀状よりもクリスマスカードのほうが気楽ですよね。

Advent Calendar をご存じないかたは、こちらをどうぞ。
→ http://tantmieux.b2p.jp/blog/g/index.html



[ 2006/12/01 11:52 ] [ 編集 ]

通訳の勉強

こんにちは。
joさんブログ常連のぽぽです(笑)
通訳の勉強法を探っていました。
joさんにきいたら、この分野は塚本さんのほうが専門だというのでまたきました。塚本さんのブログのどこかに記載されてたらそこのURLをおしえてもらえませんか?
応援クリックはわすれませんよ。joさんに教えてもらいました。
今回りではjoさんブログと10秒ブログがちょっとしたブームです。
[ 2006/12/01 12:43 ] [ 編集 ]

ぽぽさんへ

このブログでは通訳の勉強法については書いていません。
通訳を目指す方を想定して書いているブログではありませんので。
(英語表現という意味では役に立つとは思いますが)

通訳の勉強法といっても、それほど特別なことが必要なわけではありません。英語の運用能力が高いことが大前提です。

通訳に必要な要素のうち、すぐ思いつくものを上げると・・・

1.高い英語運用能力
2.リテンション能力
3.メモを取る能力(リテンションと表裏一体)
4.一般常識を含めた日本語能力
5.通訳する分野の専門知識


高い英語運用能力の獲得のしかたについては、お金を頂いている部分なので、顧客の利益を守る意味で、ここでお話しすることはできません。

リテンション能力とメモを取る能力については、訓練で身につけるしかない部分が多いです。コツなどについては、インターネットで検索すれば、ある程度の情報が得られるのではないかと思います。ただし、コツよりも、訓練がモノをいう分野です。

一般常識を含めた日本語能力は日本語の新聞を読んだりすることでカバーできると思います。

通訳する分野の専門知識は、日本語と英語の両方で専門書を読むなどして身につけるしかありません。

とりあえずは、こんなところですね。
参考になるといいのですが。

[ 2006/12/01 15:54 ] [ 編集 ]

メリクリ&お詫び

私も北米に住んでたころは
fireplace の上の壁にいっぱい飾ってました。

ところで、今日突然私のブログが
表示されなくなってしまいました。
たぶん、DNSサーバーの問題だと
思われます。

しばらく様子をみて、うまくいかなければ
そのうちまた初めからやり直すかもしれません。

(せっかくリンクしていただいたのに
すみませんm(_ _)m)

今後も、引き続き応援してますので
ぜひがんばってください。
[ 2006/12/02 11:20 ] [ 編集 ]

はなぶささんへ

ほんとだ! たいへんですね!

一時的にサーバーの調子が悪いだけだといいんですが・・・。

データのバックアップはとってあるんですよね??

早く復旧するように祈っています。

[ 2006/12/02 11:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1english.blog76.fc2.com/tb.php/140-c2708dd4






SEO対策:英会話 SEO対策:英語 英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。