英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

無料英会話教室: 子供の頃、どんなふうだったか覚えてる? 

もうひとつ like を使った英語表現です。

■英語で言ってみよう!


子供の頃、どんなふうだったか覚えてる?


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。


    ヒント1: "do" を使います


    ヒント2: "it" を使います


    ヒント3: "when" を使います



        ↓



■ネイティブの英語: 

Do you remember what it was like when you were a kid?


きょうの英語はちょっと長めでしたが、うまく言えたでしょうか?

このシリーズを読んでいるかたなら、what...like の使い方に
だいぶ慣れてきたと思いますので、うまく言えたかたも
多かったのではないかと思います。

ちなみに、意味はちょっと変わりますがwhat it was like を抜いて
Do you remember when you were a kid? という言い方も
可能です。

両者を比較すると・・・

Do you remember when you were a kid? が、単に、
「子供の頃を覚えてる?」という質問であるのに対し、

Do you remember what it was like when you were a kid? は、
「子供の頃、毎日をどういうふうに過ごしていたか覚えてる?」
という感じです。

後者のほうは、学校生活の思い出や、放課後に友達と遊んだ
思い出、 将来は野球選手になろうといった夢にあふれた気持ち、
などなどが思い浮かぶ質問です。

ところで・・・

おそらく日本人の多くにとって what it was like の部分は
ちょっと発音しにくいと思います。

この部分は、あまりハッキリと発音しすぎないのがコツです(^^;

ネイティブは "wad-ih-was like"(ワディワズラィク)みたいな
感じで発音します。覚えておくとリスニング対策にもなると
思いますよ^^

<クリックして頂けると順位が上がって、励みになります。
    ↓  ↓  ↓  ↓  どうか、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
  英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
  英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。

スポンサーサイト
[ 2007/06/30 15:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

無料英会話教室: アラスカでの生活はどんなふうでした? 

like を使った英語表現の続きです。


■英語で言ってみよう!


アラスカでの生活はどんなふうでした?


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。


    ヒント1: "what" を使います


    ヒント2: "it" を使います


    ヒント3: "like" を使います



        ↓



■ネイティブの英語: 

What was it like living in Alaska?


"What was it like ...ing?" で、「~はどんなふうでした?」
という意味です。

...ing の代わりに to不定詞を使うこともできます。

(例) What was it like to live in Alaska?

文法的には、この場合の it は、...ing (または to不定詞)
の仮主語という言い方ができると思いますが、
あまり気にする必要はないと思います。

天気や時間を表すときの it と同じ、くらいに考えれば十分
でしょう。

この質問は、単に楽しかったかどうかを尋ねているのではなく
アラスカの人たちはどういう生活をしているのかとか、
慣れない土地で何か苦労したことがあったかどうか、などを
尋ねる質問です。

like を使ったこういう表現は、 ネイティブがよく使う割には、
かなり英語ができる日本人でもなかなか言えない場合が
多いです。ちなみに、昔の私もそうでした(^^;

言えない、というよりも、使ったことがないので、使い方を
知らない、といったほうが正確でしょうね。

なので、こういう言い方にあまり慣れていないかたは
この機会に慣れておくといいかと思います。

追伸

明日とあさって(6月28日・29日)は、研修旅行のため
ブログ記事をお休みさせて頂きます。 あらかじめ、ご了承ください。

<クリックして頂けると順位が上がって、励みになります。
    ↓  ↓  ↓  ↓  どうか、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
  英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
  英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。

[ 2007/06/27 16:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(15)

無料英会話教室: その子って、ルックスはどうなの? 

like を使った英語表現の続きです。


■英語で言ってみよう!


その子って、ルックスはどうなの?


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。


    ヒント1: "what" を使います


    ヒント2: "she" を使います


    ヒント3: "like" を使います



        ↓



■ネイティブの英語: 

What does she look like?


昨日の What is he like? が、人柄など主に内面について尋ねる表現
であるのに対し、 今日の表現は外見のみについて尋ねる表現です。

ただし、外見といってもルックス(顔)だけとは限らない点には
注意が必要です。ちょっと難しい言葉ですが、身体的特徴に関する
質問、 と考えればよいでしょう。

look like の元々の意味は「見た目が~に似ている」 ですが、
What と一緒に使われる場合は、「外見が~だ」 という意味に考えた
ほうが分かりやすいと思います。

外見について尋ねているわけですから、返事としては・・・
She is pretty. (かわいい)
She has a nice smile. (笑顔がステキ)
She is slim.(痩せている)
She is tall.(背が高い)  ・・・などになります。

(参考) 外見を表す英会話

Does she...?で質問しているのに be 動詞で答えても問題ないところが
考えてみると、面白いですね^^

一方、昨日の What is he like? は、人柄などについて尋ねている
わけですから、返事としては・・・
She is friendly. (フレンドリーだ)
She is talkative. (話好きだ)
She is shy. (シャイだ)
She is kind-hearted.(やさしい)  ・・・などになる訳です。

(参考) 性格・人柄を表す英会話

明日も like を使った表現にしようかと思っています。

追伸

今週の木曜日と金曜日(6月28日・29日)は、社内研修旅行のため
ブログ記事をお休みさせて頂きます。 あらかじめ、ご了承ください。

<クリックして頂けると順位が上がって、励みになります。
    ↓  ↓  ↓  ↓  どうか、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
  英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
  英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。

[ 2007/06/26 15:31 ] 恋愛・結婚の英会話 | TB(0) | CM(8)

無料英会話教室: 彼って、どんな人? 

浮気関係の英語表現は、ちょっとセンセーショナルな
話題だったようなので、とりあえず終わりにします(^^;

きょうは、もう少し明るいテーマの(?)英語表現を
とりあげてみたいと思います(^^;


■英語で言ってみよう!


彼って、どんな人?(性格など)


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。


    ヒント1: "what" を使います


    ヒント2: "is" を使います


    ヒント3: "he" を使います



        ↓



■ネイティブの英語: 

What is he like?


英語はとってもシンプルですよね。

でも、日本語に引きづられると、"What kind of...?" などを
使った長い英語表現になってしまうかもしれません(^^;

この like は、もちろん「~に似ている」 という意味の like ですが、
この場合は、「~に似ている」 というよりは「~という感じがする」
と理解したほうが分かりやすいと思います。

「彼って、どんな感じの人柄なの?」 といった意味に
なります。もっと言えば、「彼は普段どういう生活・行動を
してるの?」といった意味にもなります。


(例) What is he like at work?
   (彼は職場ではどんな感じ?)



この記事を書くにあたり、ガラにもなく(?)、この like の品詞は
何だろう?という疑問が沸いたので、辞書で調べてみました。

(注)なぜ「ガラにもない」かというと
   私は文法軽視派だからです(^^;

いちおう予想通り、(like の次にくる言葉が what (名詞)なので)
前置詞と書いてありましたが・・・

「形容詞または副詞とも考えられる」との注記もありました。
(研究社 新英和中辞典より)

ちょっぴり不思議な単語みたいです(^^;

というわけで(?)・・・

明日は、like を使って外見を尋ねる表現をご紹介したいと
思います。「あれのことかな?」と思うかたもいるかもしれませんが
明日のお楽しみということで(笑)

追伸

今週の木曜日と金曜日(6月28日・29日)は、社内研修旅行のため
ブログ記事をお休みさせて頂きます。 あらかじめ、ご了承ください。

<クリックして頂けると順位が上がって、励みになります。
    ↓  ↓  ↓  ↓  どうか、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
  英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
  英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。

英会話実力テスト(既出表現の復習) 

毎週、日曜日は、既出表現の復習です。

繰り返し復習して、英語表現を自分のものに
していってくださいね。


■以下の日本語を英語で言ってみてください。

  ※すべて既出表現なのでヒントはナシです。


1.前向きにとらえようよ。


2.さあ着いたよ。   


3.もうすぐ着くよ。


4.鼻づまりになっちゃった。


5.鼻がグシュグシュする。(鼻風邪。主に子供が使う)


6.いろいろと勉強になりました。



答えは、下のほうに記載してあります^^


<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
  英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
  英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。




■答え (解説等については過去記事をご参照下さい)


1. Look on the bright side.


2. We're here!
    または
   Here we are! 


3. We're almost there.


4. My nose is stuffed up.
    または
   I have a stuffed nose.
   I've got a stuffy nose. など


5. I 've got the sniffles.


6. I learned a lot from you.  


日本語を見て、英語がスラスラ出てきたでしょうか?

なるべく瞬間的にスラスラ言えるようになるまで
練習してみてくださいね^^


[ 2007/06/24 12:51 ] 復習編 | TB(0) | CM(4)

無料英会話教室: アイツ、浮気してたのよ。 

浮気関係の英語表現の続きです(^^;


■英語で言ってみよう!


アイツ、浮気してたのよ。


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。


    ヒント1: "he" を使います


    ヒント2: "on" を使います


    ヒント3: "me" を使います



        ↓



■ネイティブの英語: 

He was cheating on me.


きょうも思い切って(?)浮気関係の英語表現にしてみました(^^;

「浮気する」という意味の英語は、婉曲的な言い方も含めると
けっこうたくさんありますが、よく使われるものだけ覚えておけば
よいのではないかと思います。

代表的なのは cheat on... (~に内緒で浮気する。だます)です。

cheat (だます。あざむく) という言葉からも分かるように、
配偶者の信頼を裏切って浮気する、という意味です。

ほかに挙げるとすれば・・・

以前もご紹介したことのある "have an affair with"
(性的な関係を持つ)とか、

two-time (裏切る。浮気する)あたりですかね。

(例)
She's having an affair with her boss.
(彼女は上司と不倫してる)
He was two-timing me.
(アイツ、浮気してたのよ)

なお、two-time という動詞から派生した言葉で
"a two-timer" (裏切り者。浮気者)という表現もあります。

(例)
He's a two-timer.
(アイツは二股野郎だ。裏切り者だ。)


かつて、結婚は、家と家との契約みたいな感じが強かった
ようですが、現代の結婚は、個人同士(妻と夫)の約束という
側面のほうが強いですよね。

この変化は、個人の意思の尊重など、いい面もたくさんあるのですが
その代わり、「縛り」 が弱くなっているので・・・

昔に比べて離婚するのも簡単ですし、もしかしたら浮気も昔より
多くなっているかもしれません(^^;

<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
  英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
  英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。

[ 2007/06/23 15:18 ] 恋愛・結婚の英会話 | TB(0) | CM(4)

無料英会話教室: 愛人なんてごめんだわ。 

浮気関係の英語表現の続きです(^^;


■英語で言ってみよう!


愛人なんてごめんだわ。(二号さんなんてイヤ)


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。


    ヒント1: "do" を使います


    ヒント2: "want" を使います


    ヒント3: "woman" を使います



        ↓



■ネイティブの英語: 

I don't want to be the other woman.


the other woman は、夫の浮気相手のことを指します。

妻と愛人の2人がいて、言ってみれば妻のほうが one 、
愛人のほうが the other というわけです。

中学生のころ(でしたっけ?)に習った one と the other の
一対が、こういう文脈で使えるなんて、びっくりしませんか?(笑)

ちなみに・・・

先日やったように「彼には他の女がいる」という場合は
another woman を使いますが、「愛人なんてごめんだわ」の
場合は、the other woman を使うのが普通です。

いちおう英語の基本的な意味から言えば、the other woman は
夫が関係している女性が妻を含め2人に限られている状態を想定
していて、another woman のほうは、2人とは限らない、
という事は言えます。

でも、同時に愛人が2人も3人もいる状況は、一般的には
ありえませんから、結果的に、同じ状況を表すことになります。

夫のほうから見ると、2人目の女性は another woman という
見方になり、2人目の女性から見ると、自分の状況は
the other woman と映る、というように考えるとよいと思います。

明日も浮気関係の英語表現にするかどうかは、考え中です(^^;

<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
  英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
  英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。

[ 2007/06/22 19:42 ] 恋愛・結婚の英会話 | TB(0) | CM(8)

無料英会話教室: 彼は妻を捨てて若い女に走ったんだ。 

浮気関係の英語表現の続きです(^^;


■英語で言ってみよう!


彼は妻を捨てて若い女に走ったんだ。


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。


    ヒント1: "leave" を使います


    ヒント2: "wife" を使います


    ヒント3: "woman" を使います



        ↓



■ネイティブの英語: 

He left his wife for a younger woman.


この場合の leave A for B は、「Aを捨ててBに走る」 という
意味です。

使われている場面はまったく違いますが、本質的には
He left Japan for the US. (日本を発って、米国へと旅立った)と
いう文章と同じことです。

あえて同じような訳し方をするとすれば、
「妻のもとを離れ、若い女の所へと旅立った」 という感じです(^^;

「若い女」は a young woman でもいいのですが、その女性が
若いかどうかは、あくまでも相対的な比較ですから younger
のほうが適切ですし、また、よく使われるようです。

いくら結婚生活に嫌気がさしたとしても・・・

現実には倫理的、経済的、法的に様々なハードルがありますので
そうそうある話じゃないと思いますが、映画やドラマなどでは、たまに
そういう人が出てきますよね(^^;

もちろん、男女を逆にして
She left her husband for a younger man. というのも英語表現
としてはアリですが、そういえば、あまり見聞きすることは
ありませんね。

女性の場合は、夫に愛想をつかしたとしたら、もう男なんて
まっぴら、と思うのかもしれません(^^;

<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
  英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
  英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。

[ 2007/06/21 16:47 ] 恋愛・結婚の英会話 | TB(0) | CM(10)

無料英会話教室: 彼には、他に女がいると思うの。 

食事・料理シリーズが長く続いたので、いったん終わりに
して、また別な表現を取り上げていきたいと思います。

食事・料理関係は、またそのうち、やりますね。

きょうは、なんとなく浮気関係の英語です(^^;


■英語で言ってみよう!


彼には、他に女がいると思うの。(浮気または二股)


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。


    ヒント1: "think" を使います


    ヒント2: "he" を使います


    ヒント3: "woman" を使います



        ↓



■ネイティブの英語: 

I think he has another woman.


日本語でも英語でも、「他の女」で浮気や二股の意味になる
ところは 面白いですよね(^^;

「他の女」が比較的若い女性なら、another girl。

もちろん、女性の浮気の場合には男女を逆にして
I think she has another man. (^^;

相手が若い男性の場合は、another boy よりは、むしろ
another boyfriend のほうが多いような気がします。

another というのも面白い言葉ですよね。

辞書によると語源的には an + other から成り立っているため
another は、いわば冠詞付きの形容詞です。

そのため、another には冠詞は一切付きませんし、
some, any, no なども付きません。また、単数形にしか
使うことができません。

まだ決めていませんが、しばらく男女関係の英語表現を
続けるかもしれません。

なんとなく面白いんじゃないかな~と思ったもので(^^;

<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
  英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
  英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。

[ 2007/06/20 20:07 ] 恋愛・結婚の英会話 | TB(0) | CM(6)

無料英会話教室: キャベツを千切りにして。 

食事・料理関係の英語表現の続きです。


■英語で言ってみよう!


キャベツを千切りにして。


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。


    ヒント1: "the" を使います


    ヒント2: "cabbage" を使います


    ヒント3: あと1語



        ↓



■ネイティブの英語: 

Shred the cabbage.


shred の定義は、英英辞書によって多少異なりますが、
基本的には、「細長く切る」というイメージを説明している
辞書が多いです。

日本語でいう「千切り」 ですね。

念のため8名ほどのネイティブに確認したところ・・・

料理関係の話であれば、ナイフで細長く切るという意味で
間違いないようです。

(参考)一人だけ、 「shred だと、手でちぎる感じがするので
    私なら cut を使う」というネイティブもいまいた。

Slice the cabbage. としてもOKですが使用頻度は少ないです。

ネイティブたちに言わせると、shred と slice を比べると、
shred は雑に切るイメージがあるようです。

オフィスによくあるシュレッダーで裁断された紙を見ると、
たしかにそんな感じもしますよね。

千切りは、雑に切っても問題ない(はず?)ですから
shred で良いと思いますが、丁寧に切る感じを出したいなら
slice を使うのもいいかもしれませんね。

なお、和英辞書などに載っている説明的な英語表現を使っても
OKです。

(例) Cut the cabbage into strips.
    Cut the cabbage into fine strips.
    Cut the cabbage into thin strips.

ところで、なぜ「千切り」 というかご存知でしょうか?

広辞苑を引いてみたところ・・・

語源については書いてありませんでした(^^;

でも、「大根などを線状に細かく切ること」 という定義があった
ので、おそらく「線状に切る」→「線切り」→「千切り」という
感じかな?と思います。

「正解」 をご存知のかたは教えてくださいね^^

<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
  英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
  英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。

[ 2007/06/19 14:10 ] 食事・料理の英会話 | TB(0) | CM(8)

英会話実力テスト(既出表現の復習) 

毎週、日曜日は、既出表現の復習です。

繰り返し復習して、英語表現を自分のものに
していってくださいね。


■以下の日本語を英語で言ってみてください。

  ※すべて既出表現なのでヒントはナシです。


1.枝毛があるのよ。


2.気に入ってくれるといいんだけど。   


3.誕生日プレゼントは何がいい?


4.頭がズキズキするんだよ。


5.頭が割れるように痛いよ。


6.それって遺伝だよね。



答えは、下のほうに記載してあります^^


<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
  英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
  英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。




■答え (解説等については過去記事をご参照下さい)


1. I have split ends.


2. I hope you like it.


3. What do you want for your birthday?


4. I have a throbbing headache.


5. I have a splitting headache.


6. It runs in the family.
    または
    It's in the blood.   


日本語を見て、英語がスラスラ出てきたでしょうか?

なるべく瞬間的にスラスラ言えるようになるまで
練習してみてくださいね^^


[ 2007/06/17 11:00 ] 復習編 | TB(0) | CM(10)

無料英会話教室: 気をつけて!その包丁は切れ味がするどいからね。 

食事・料理関係の英語表現の続きです。


■英語で言ってみよう!


気をつけて!その包丁は切れ味がするどいからね。


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。


    ヒント1: "careful" を使います


    ヒント2: "that" を使います


    ヒント3: "knife" を使います



        ↓



■ネイティブの英語: 

Careful! That knife's razor-sharp.


Careful は、もちろん "Be careful" でもOKです。
とっさの会話では、このように単に Careful! とだけ言う場合も
少なくありません。

knife (ナイフ)は、よく知られた単語ですがスペルには注意する
必要がありますね。

knife は、けっこう幅広く使える単語で、ナイフはもちろん、包丁、
小刀、短剣などを指すことができます。

あえて包丁と言いたい場合は、a kitchen knife と言ってください。

(参考) a fruit knife (果物ナイフ)

razor-sharp は、あまり聴きなれない言葉ではないかと
思います。

「非常jに切れ味がするどい」といった感じの意味です。

razor は「かみそり」 なので、文字通りの意味は、
「かみそりのように鋭い」 です。

ちなみに、razor-sharp は、モノ以外にも使うことができます。


(例) a razor-sharp mind
    (非常に切れ味が鋭い頭→才気にあふれている)

日本語でも、頭の回転の速い人を「切れ者」と呼んだりしますが
英語でも同じような発想をするところが面白いですね^^

<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
  英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
  英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。

[ 2007/06/16 20:12 ] 食事・料理の英会話 | TB(0) | CM(2)

無料英会話教室: りんごを4つに切って。 

食事・料理関係の英語表現の続きです。


■英語で言ってみよう!


りんごを4つに切って。


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。


    ヒント1: "the" を使います


    ヒント2: "apple" を使います


    ヒント3: "in" を使います



        ↓



■ネイティブの英語: 

Cut the apple in four.


きょうは、簡単で短めの英文にしてみました。

前置詞 in がさらっと出てくるかどうかが問題ですね。

into を使って Cut the apple into four. としても間違いでは
ありませんが・・・

in の後には数字 (例) Cut the apple in four.
into の後には数字と名詞 (例) Cut the apple into four pieces.

・・・とするのが自然です。

こういう簡単な文章では、適切な前置詞を使えるかどうかが
勝敗(?)を分けることが多いような気がします。

ふだん英語を読んだり聞いたりするときに、どんな前置詞が
使われているかを意識すると感覚が磨かれてくると思います。

ところで、in four ではなく in quarters としても正解です。

ちなみに、 in quaters とすると、「(ほぼ)正確に4等分」という
意味合いがあります。

そのせいか、in four のほうが使用頻度は多いようです。

なお、2つに切る場合も in two と in half の2つの言い方が
あります。 さらに付け加えるなら into two pieces や
in halves (half の複数形)もOKです。

※ halves の発音(ハヴズ)にも気をつけたい所ですね。

quarters の場合と同じく、half には「2等分」 という意味合いが
含まれますが、使用頻度としては in half も in two も
どちらもよく使われます。

ちなみに、これらのケースでは、多くの場合、in は into に
置き換え可能ですが、ひとつ into にすると不自然な言葉が
あります。

それは・・・

half です。 in half はOKですが、into half は不可です。

ネイティブに言わせると、理由は、half が単数形だからという事の
ようです。

into halves のように half を複数形にすれば1=1/2+1/2 で問題ない
のですが、into half だと、まるで 1=1/2 のような印象を受ける
ようです。

言ってみれば、ひとつものを2つに分けた(into halves)のではなく、
ひとつのものを半分に縮小した(into half) という感じです。

into は変化を表す前置詞だけに、そういう感じを受けるんでしょうね。

そういう意味では、cut...into の場合は後ろに複数形が来る、と覚えて
おけば便利かもしれません。

<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
  英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
  英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。

[ 2007/06/15 17:27 ] 食事・料理の英会話 | TB(0) | CM(8)

未来を表す英語表現 Will 予備知識その2 

未来を表す英語表現の続きです。

前回までの記事↓

未来を表す英語表現 概要

未来を表す英語表現 Will 予測・推測

未来を表す英語表現 Will その場の思いつき

未来を表す英語表現 Will 自発的な申し出

未来を表す英語表現 Will 予備知識その1

まずは will の用法に関する前回の復習から。

■自分の予測・推測に確信がないときは、'possibly', 'perhaps', 'maybe', 'probably' などと一緒に使えば、確信の度合いを弱めることができる。

■フォーマルな英語では、主語が I (または We )の場合に will を使うと、話者の決意を示すことになる、というルールがある。ただし、特にアメリカ英語においては、このルールは時代遅れの用法だとみなされ始めているのも事実。

■"You will..." は脅しの意味になりうる。そのいい例が"You will do exactly as I say"。"You will do exactly as I say" の背後には、"if you want to live"(死にたくないなら)という暗黙の脅し(=言うとおりにしないと殺すぞ)がある。

前回は、ここまででした。

今回は予備知識的な話の続きです。

習慣を表すwill

will は習慣的な意味あいを持つ場合があります。

人が習慣的に行っている事は、予測可能ですよね。

(例) ボブは会議中にタバコを吸うといって聞かない。
    →きっと明日の会議でも同じ事を言うだろう。
    →来週も、来月になっても、きっと変わらないだろうな。

したがって、次のように will を使って表現することができるわけです。

Bob will insist on smoking cigars during the meeting and it makes me ill.
(ボブは、いつも会議中にタバコを吸うといって聞かないんだ。あいつと一緒にいると気分が悪くなるよ。)

My husband will throw his coat on the floor when he comes home.
(うちの夫は、家に帰るといつも上着を床に脱ぎ散らかすのよね。)

↑こういう場合の will (上記2つとも)は、話し手の苛立ちを示唆する役割もあります。

また、will not を使うこともできます。

He won't listen to reason.
(彼は独善的な人間だ。)
↑これも苛立ちですね。

※ listen to reason
  (賢明な忠告などに耳を傾ける)

習慣を表す will は、イギリス英語では比較的よく使われますが、アメリカ英語ではあまり使われないという傾向があります。

しかし、アメリカ英語でもよく使われる習慣の will もあります。

それは、動物の習性や機械の調子などを表すケースです。

A cat will always find a warm place to sleep.
(猫は、常に暖かい場所をみつけて眠る。)

My car won't go any faster than this.
(この車は、これ以上速く走らないんだよ。)
↑これも、話し手の苛立ちを同時に表しています。

「will に習慣の意味があるなんて初めて知った。」というかたも、いらっしゃるかもしれません。

でも、日本の高校で英語を習ったかたなら、一度くらいは耳にしたことがあるはずなんです。

昔、高校のグラマーの授業で、(理由はよく分からないけど(^^;) would には、「昔はよく~したものだ。」という意味がある、と習いませんでしたか?

(例) He would sit for hours doing nothing.
(彼は何時間も何もしないで座っていたものだ。) 
   ↑研究社新英和中辞典より引用

このwould は、習慣のwill の過去形なんです。
↑これは高校では習いませんでしたね。びっくりしました?(笑)

Will のまとめ

will の用法については、これで一通りカバーしたことになります。

will には、予測・推測、その場の思いつき、自発的な申し出、決意、脅し、習慣など、文脈に応じてたくさんの意味がありましたね。

じつは細かく分けると、もっとたくさんの意味に分かれるのですが、なるべくシンプルにまとめたつもりです(^^;

ところで・・・

will のまとめに当たって、ひとつ指摘しておかなければならない点があります。

それは・・・

will を使った文章は、話し手(または書き手)がどの意味で will を使ったのかが、必ずしも明確ではない、という点です。

むしろ、2通り以上の意味にとれる文章が非常に多いです。

例えば、その場の思いつきなのか、自発的な申し出なのかは、かなり紛らわしいケースが多いですよね。

したがって、will を使った文章は、聞き手(または読み手)が、話し手の口調や表情、さらに前後の文脈を考慮して相手の意図を推測する必要があります。

さらに言えば・・・その場の思いつき、かつ自発的な申し出、および決意と、3つすべてを意図して will を使うケースだってありえます。

そういう意味で、will を使った文章は、いろんな意味を込められる代わりに、話者の意図があいまいになる可能性がある、という事が言えますね(^^;

この記事を書くにあたり、以下のウェブサイトを参考にし、例文を引用しました。
englishpage.com
Learning English Online
Learn 4 Good
English Grammar
British Council
Online English Grammar
BBC Learning English
Learner Development Unit
English Club.com
English Grammar Lessons

One Stop English

長かった will の話も、ようやく、ひと段落つきました。次回からは be going to などと比較しながら、話を進めていく予定です。

あ、いつもながら次回の日程は、未定です(^^;

<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
  英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
  英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。





 

無料英会話教室: りんごの皮をむいて、芯も取っちゃって。 

食事・料理関係の英語表現の続きです。

(最近、話があちこちに飛んでますが、いちおうシリーズは
  続いています(^^;)



■英語で言ってみよう!


りんごの皮をむいて、芯も取っちゃって。


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。


 


    ヒント1: "the" を使います


    ヒント2: "apple" を使います


    ヒント3: "and" を使います



        ↓



■ネイティブの英語: 

Peel the apple and remove the core.


ひさびさの純粋な(?)英会話表現です。

peel は、果物や野菜の皮をむく場合に使われる動詞です。

(例)   peel a banana (バナナの皮をむく)

      peel a potato (ジャガイモの皮をむく)

peel と同じ意味の言葉に pare (ペァ)という動詞がありますので、一緒に覚えておくといいのではないかと思います。

りんごの芯を core と言うのは、言われればなるほど、という感じかもしれません。

私なんかはコアと言われて真っ先に思い浮かぶのは地球の中心部だったりします(^^;

あの、マントルのさらに奥にある中心部ですね。鉄でできているとか、いないとか。

なので、果物の芯も core なんだと気がついたときには、地球内部の(想像)図を思い浮かべながら、妙に感心したのを覚えています。

<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
  英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
  英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。

[ 2007/06/13 19:12 ] 食事・料理の英会話 | TB(0) | CM(4)

reserve と "make a reservation" の違いって? - 無料英会話教室 

順番的には昨日の記事で書けばよかったんですが・・・

先日の「英会話実力テスト」 で出題した
「部屋を予約したいんですが。(ホテルの部屋)」に関連して

reserve と "make a reservation" の使い方の違いを解説したい
と思います。

ネイティブに、この2つの違いを尋ねると、たいていは
「どちらでも意味は同じだから、好きなほうを使えばいいよ。」と
言われるはずです(^^;

たしかに、それはそれで、その通りなのですが、じつはネイティブ
たち自身も気づかずに従っている無意識のルールがあるんです。

それは・・・

じつは、とっても簡単です。

ちなみに・・・

意識化されていないルールって、かなり微妙な違いである
ことが多いんですが、reserve と "make a reservation" に
限って言えば、非常に単純で明確です。

では、いよいよご紹介しましょう。

(↑ちょっと引っ張ってみました(^^;)

reserve が使う対象を選ばないのに対し、
"make a reservation" を使うのは、スペース(空間)を
予約する場合に限られます。
(原則として)

すなわち、"make a reservation" が使えるのは
ホテルの部屋、レストランの席、映画館の席などなどです。

つまり、新発売の商品を予約したり、品薄の商品を予約購入したり、
レンタルビデオ店で人気のあるDVDを予約したり、といったこと
には使わない、ということです。

ルールを覚えてしまえば簡単ですよね?

ところで・・・

コンサート会場の席などもスペースですから 理論的には
「席を予約」(make a reservation)することは可能です。

でも、そういう場合は、予約ではなく、チケット(前売り券)を買って
しまいますよね。

なお、人気のあるアーティストのコンサートでチケットを入手する
のにも予約が必要、といった場合は、対象がチケットなので
reserve を使います。

<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
  英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
  英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。


「美味しい」の英語表現 - 無料英会話教室 

英語には、「美味しい(おいしい)」を表現する言葉が、非常にたくさんあります。

ごく一部を挙げただけでも good, delicious, tasty, yummy, pleasant-tasting, scrumptious, delectable, mouth-watering などなどです。

辞書を引けば、いろんな形容詞を知ることはできますが、よく使われる表現はどれかとか、会話に適した言葉はどれかとかいった事を知ることはできません。

また、いくらボキャビルに精を出しても、いったいどういう場面で使われる言葉なのかを理解していないと、実際には使えないか、不自然な英語になってしまいますよね。

そこで、今回は、カジュアルな会話でよく使われる「おいしい」という形容詞を取り上げてみたいと思います。

A: How's the pizza?
(そのピザ、美味しい?)

B: Good! / Great! / Delicious!
(美味しい!)

good は、「おいしい」と言うとき、非常によく使われる言葉です。
ある意味、この一言さえ覚えておけばふつうの会話では困らないと思います(笑)

great は解説の必要はないですよね。もちろん、「すごく美味しい」 という意味です。

delicious も、「すごく美味しい」という意味です。なので、very delicious という言い方はしません。
(ただし really delicious という言い方はOKです)

イギリス英語(とは限らないかもしれません)では lovely という言葉もよく使われます。

This steak is lovely.
(このステーキ、美味しい。)

That was a lovely meal. Thanks.
(すごく美味しかったわ。ごちそうさま。)

なお、カジュアルな会話では yummy という言葉も、よく使われます。

ただし、yummy は、もともと幼児語からきていますので、たいていは無邪気な子供みたいな表情で言う表現です。

なので、大人の場合は、ごく親しい人たちの間で使うものだと理解しておいたほうがよいと思います。

社会人になりたてのころ、一緒にランチを食べていた同僚のカナダ人女性が、yum-yum (意味はyummy とほぼ同じ) と言ったのを思い出しました。

もっとも、当時は yum-yum なんていうカジュアルな表現は知らなかったので、「それどういう意味?」と聞きかえしちゃいましたが(^^;

<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
  英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
  英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。


[ 2007/06/11 15:22 ] 食事・料理の英会話 | TB(0) | CM(4)

英会話実力テスト(既出表現の復習) 

毎週、日曜日は、既出表現の復習です。

繰り返し復習して、英語表現を自分のものに
していってくださいね。


■以下の日本語を英語で言ってみてください。

  ※すべて既出表現なのでヒントはナシです。


1.夜更かしのクセがついちゃった。


2.まっすぐ行くと右側にあります。   


3.今晩なんですけど、泊まれますか?(ホテルなど)


4.部屋を予約したいんですが。(ホテルの部屋)


5.(電話番号は)何番におかけですか?


6.乗る電車を間違えちゃった。



答えは、下のほうに記載してあります^^


<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
  英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
  英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。




■答え (解説等については過去記事をご参照下さい)


1. I've gotten into the bad habit of staying up late.
   または
   I've got into the habit of staying up late.
   I've fallen into the habit of staying up late.
   I've developed the habit of staying up late. など


2. Go straight and you'll see it on your right.


3. Do you have a room for tonight?


4. I'd like to make a reservation.
   または
   I'd like to make a reservation for a room.
   I'd like to reserve a room.
   I'd like to book a room.

5. What number are you calling?


6. I took the wrong train.


日本語を見て、英語がスラスラ出てきたでしょうか?

なるべく瞬間的にスラスラ言えるようになるまで
練習してみてくださいね^^


[ 2007/06/10 19:20 ] 復習編 | TB(0) | CM(2)

dinner と supper の違いって?- 無料英会話教室 

食事・料理関係ということで、dinner と supper の違いについて書こうと思います。

supperという言葉は、たしか中学校くらいで習うと思います。

ふつうの日本人の認識としては dinner は豪華な夕食、 supperはそれほどでもない夕食、といった感じではないかと思います。

これを拡大解釈すると、セレブの夕食は dinner で一般人は supper かな?なんて考えがちですが、この認識はあまり正確とは言えません。

というわけで、この点について少し詳しく見ていきたいと思います。

オックスフォード現代英英辞典 第7版 CD‐ROM付 によると・・・

dinnerとは・・・
the main meal of the day, eaten either in the middle of the day or in the evening:
(1日のうちメインの食事のこと。昼間か夜。)

どこかで一度くらい聞いたことがあるのではないかと思いますが、dinner は夕食とは限らないんですね。

1日のうちで一番豪華な(?)食事、というのが第一義です。

では、 supper はどうなんでしょう?

supper とは・・・
the last meal of the day, either a main meal, usually smaller and less formal than dinner, or a snack eaten before you go to bed
(1日の最後にとる食事。メインの食事(ふつう dinner より軽い食事で略式)か、もしくは寝る前の軽食。)

と、まあ、ここまでは辞書を引けば分かる話ですが、問題はここから先です。

じつは夕食を dinner と呼ぶか supper と呼ぶかは、出身地域と年齢によって変わってきます。

<歴史的な背景>

この問題(?)を理解するうえで歴史的な背景を知っておくことは役立ちます。

その昔、人口の大部分は農業に従事していました。農家の人たちは、日が暮れないうちに作業を終えないといけませんから朝早くから仕事をはじめる必要があります。

午前中にたくさんのカロリーを消費しますから、とくに昼食の比重が高くなりますよね。 その結果、昼食がメインの食事 (dinner) になったわけです。

朝起きるのが早いと、夜は早く寝るので夕食は軽くなりがちです。それで夕食が supper と呼ばれました。

時代が変わり、農村人口は減って、都市の人口が増えていきます。それとともに人々の生活は夜型に変わっていきました。

夜遅くまでおきていることが多くなるにつれて夕食がメインの食事 (dinner) になっていきました。

dinner が夕食へと移行していくにつれて、昼食は lunch と呼ばれるほうが多くなり、現在では昼食といえば lunch というのが、ほぼ定着しています。

<地域的な違い>

まず比較的わかりやすいアメリカの話からです。

当然ながら上記の歴史的な背景はアメリカにもあてはまります。そのため高齢者になるほど、そして農家出身の人ほど夕食を supper と呼ぶ確率は高くなります。

これは若いころの習慣で呼んでいるだけですから、夕食が1日のメインの食事だとしても supper と呼ぶ場合が往々にしてあります。

とはいえ、アメリカ全体としてみれば、supper という言葉はあまり使われなくなってきていて、朝食・昼食・夕食は breakfast, lunch, dinner と呼ぶのが一般的です。

これがイギリスになると話が少しややこしくなります。

イギリスという国は、国土が狭い割には地域によって言葉の使い方や風習に違いがあるからです。

現代のイギリスにおいても 朝食・昼食・夕食は breakfast, lunch, dinner と呼ぶのが一般的ではあるのですが、地域によってメインの夕食を supper と呼ぶ人たちはたくさんいます。

また、dinner (メインの夕食)の後、小腹がすいたときに食べる夜食を supper と呼ぶ場合もあります。

さらにまぎらわしいことに、イギリスではメインの夕食のことを tea と呼ぶ人たちもいます。

その一方で、同じイギリスでも、お茶を飲みながらおやつを食べることを tea と呼ぶ人たちも当然ながら存在するため、よく確認しないと、いったい夕食のことなのか、おやつの時間のことなのかハッキリしないのが現状です。

オーストラリアなど他の英語圏の国でも、これとはまた微妙に違っていたりします(^^;

現代は国際化が進んでいるため、アメリカに住んでいるからといってアメリカ出身だとは限りませんし、イギリスに住んでいるからイギリス出身だとも限りません。

ですから、もし dinner に誘われたら、しっかりと時間を確認しないと、約束をすっぽかしてしまうなんてことがあるかもしれません(^^;    お気をつけください。

ふー。当初はごく簡単な記事で済ませようと思っていたのですが(^^;、書いていたらかなり長くなってしまいました。最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^

<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
  英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
  英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。
[ 2007/06/09 18:05 ] 食事・料理の英会話 | TB(0) | CM(6)

無料英会話教室: 夕食のとき、サラダもいかがですか? 

食事・料理関係の英語表現の続きです。


■英語で言ってみよう!


夕食のとき、サラダもいかがですか?


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。

 


    ヒント1: "would" を使います


    ヒント2: "you" を使います


    ヒント3: "salad" を使います



        ↓



■ネイティブの英語: 

Would you like a salad with dinner?


「夕ご飯と一緒にサラダを食べますか?」という意味ですね。

このフレーズは、次のような場面で使われます。

家に来客があって一緒に夕ご飯をたべることになりました。
夕ご飯の支度をしながらお客さんに向かって、
「夕食のときサラダもお出ししましょうか?」 という感じです。

同じ意味で次のように言うこともできます。

Would you like salad with dinner?
Would you like to have some salad with dinner?

ところで・・・
これと形は似ていても使われる場面が違う表現が
あります。

Would you like some salad?
Would you like to have some salad?

この2つは、すでにテーブルに付いている状態で使われます。

サラダが入った大きな器を順番に回して、各人が
自分の好きなだけの量を小皿にとりわけるという方式の
場合です。

自分の分を取り分けたあとで、近くの人に「サラダはいかが
ですか? 」と尋ねるときに使います。

使用頻度としては
通常は・・・Would you like some salad?
場合によって Would you like to have some salad? もあり
といった感じです。

ついでなので飲み物についても触れておくと・・・

Would you like some tea (some coffee)?
Would you like a beer?

この表現は、お茶やコーヒー、ビールなどを単純に
相手に勧める表現です。

どれも形が似ていて紛らわしいですよね(^^;
もし余裕があったら、覚えて使い分けてみてください。

<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
  英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
  英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。

[ 2007/06/08 15:40 ] 食事・料理の英会話 | TB(0) | CM(0)

未来を表す英語表現 Will 予備知識その1 

未来を表す英語表現の続きです。

前回までの記事↓

未来を表す英語表現 概要

未来を表す英語表現 Will 予測・推測

未来を表す英語表現 Will その場の思いつき

未来を表す英語表現 Will 自発的な申し出


まずは will の用法に関する前回の復習から。

<自発的な申し出>

■ 誰かのために自発的に何かをしてあげる、と申し出るときに使う。

■ 義務だからやるわけではなく、自ら進んでやるというニュアンス

■ 疑問文(Will you...?) や 否定文(won't)も広い意味では同じ範疇に入る

■ 申し出は約束につながるので、何かを約束するときには、たいてい will が使われる。


前回は、ここまででした。

will の中核となる部分は前回までで説明を終えましたので、今回は予備知識的な話をしたいと思います。


1.will が予測・推測の意味になる場合の補足

すでにお話したとおり、will は、自分が、未来に起こるだろうと信じている事柄に対して使います。

しかし、人間、かならずしも将来のことに確信をもてるとは限りませんよね。

そういうときは、'possibly', 'perhaps', 'maybe', 'probably', などと一緒に使うことで、確信の度合いを弱めます。

He'll possibly need it in the future.
(将来、それが必要になる可能性がある)

Maybe it will be OK.
(たぶん大丈夫だよ)

Perhaps we'll meet again some day.
(たぶん、いつかまたお会いすることになるでしょう。)

She'll probably come back later.
(きっと、あとで戻ってくるよ。)


2.will が決意を示す場合

フォーマルな英語では、主語が I (または We )の場合に will を使うと、話者の決意を示すことになる、というルールがあります。

(※フォーマルな英語では、"I shall...", "We shall..." がよく使われる事を考えあわせると、理解しやすいかと思います)

I will work. (働くことを決心している→「よーし、働くぞ。」)

We will work.
(   〃   )

しかし、特にアメリカ英語においては、このルールは時代遅れの用法だとみなされ始めています。

なんといっても、アメリカ英語では shall は、ほとんど使わず、もっぱら will のみですから、will に特別な意味合いをもたせたくないという気持ちもあるのだと思います。

とはいえ、will が強い意思を表すという点は、他の will の用法と相通じるように思われます。


3.will が脅しの意味になる場合

あまり知られていないのが、"You will..." が脅しの意味になりうるという事です。

銀行強盗が銀行の支店長の頭に拳銃をつきつけて、こんな事を言ったりします。

You will do exactly as I say. (言うとおりにしろ!でないと・・・)

なぜ、"You will do exactly as I say" が、脅しの意味になるかと言うと・・・

"You will do exactly as I say"が、確信的な予測だからです。

「お前の意思なんか関係ない。どんな事があっても、お前は必ずオレの言うとおり行動することになるだろう。」とまで言うからには、それなりの理由があるわけです。

すなわち "You will do exactly as I say" の背後には、"if you want to live"(死にたくないなら)という暗黙の脅し(=言うとおりにしないと殺すぞ)があるんですね。

これが例えば、母親が子供に向かって "You will clean your room"(部屋を掃除しなさい)と言う場合でも、その背後には "if you want a cookie"(クッキーがほしいなら)といった脅し(=言うとおりにしないと、クッキーをあげないわよ)が含まれているわけです。

ちなみに普通の命令文は、単なる命令であり、「言うとおりにしないと・・・」という含みはないので、脅しではありません。

(参考)Do exactly as I say. (言うとおりにしなさい。)

というわけで、 "You will..." を使うときには、相手を「脅さない」よう注意しましょうね(^^;

この記事を書くにあたり、以下のウェブサイトを参考にし、例文を引用しました。

englishpage.com
Learning English Online
Learn 4 Good
English Grammar
British Council
Online English Grammar
BBC Learning English
Learner Development Unit
English Club.com
English Grammar Lessons

One Stop English

長かった will の話も、ようやく終わりが見えてきました♪ 次回が、will の最終回になるかもしれません。

未来を表す英語表現 概要

未来を表す英語表現 Will 予測・推測

未来を表す英語表現 Will その場の思いつき

未来を表す英語表現 Will 自発的な申し出

未来を表す英語表現 Will 予備知識その1

未来を表す英語表現 Will 予備知識その2

<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
  英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
  英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。

無料英会話教室: サラダ作ってくれる? 

食事・料理関係の英語表現の続きです。


■英語で言ってみよう!


サラダ作ってくれる?


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。

 


    ヒント1: "could" を使います


    ヒント2: "you" を使います


    ヒント3: "salad" を使います



        ↓



■ネイティブの英語: 

Could you make a salad?


少し前に、「makeは料理関係の万能選手」という話をしたので
簡単だったかもしれませんね。

別の言い方としては
Could you prepare a salad?
Could you fix a salad?
などがあります。

サラダ作りで、触れておきたいのが toss という動詞です。

キッチンで "Toss the salad" と言われたら、
「サラダを(ドレッシングなどと)混ぜ合わせて」 という
意味です。

なぜ toss (放り投げる)という動詞を使うのかというと
ある意味、実際に放り投げるからです(笑)

大きな容器 ( bowl ) に野菜とドレッシングなどを入れて・・・

大き目の2つのフォークを使い、上にすくっては下に落とす
(ある意味、空中に放り投げる)ことで、混ぜ合わせるところ
から "Toss the salad"と言うわけです。

決して、キャッチボールみたいに投げたり(toss)しないで
くださいね(^^; 怒られちゃいますから(笑)

<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
  英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
  英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。

[ 2007/06/06 16:57 ] 食事・料理の英会話 | TB(0) | CM(5)

飲酒をめぐる日本とアメリカの考え方のズレ(文化摩擦の温床) 

食事・料理つながりということで、今日は、飲酒をめぐる日本とアメリカの考え方の違いについて書いてみたいと思います。

国際的にみて、日本は飲酒や酔っ払いに寛容な国だと言われています。

ノムニケーションという言葉もあるとおり、日本では、お酒の席を共にすることが、円滑な人間関係を築くうえで大きな役割を果たしています。

お酒の席では、相手にお酒を勧めるのがひとつの礼儀ですし、逆に、お酒を勧められたのに飲まないでいると、「オレの酒が飲めないのか!」なんて怒りだす人がいたりしますよね(^^;

また、お酒の席で何か無作法な事があっても、「酒の上でのことだから」と大目にみる傾向がありますし、無礼講という考え方さえあります。

その延長線上として、夜中に泥酔したサラリーマンが同僚に支えられながら歩いている姿はめずらしくありません。

一方、アメリカの場合はどうかというと・・・

飲酒と酔っ払いには非常に厳格です。社会的には、アルコールそのものを、現実逃避の手段(一種の麻薬みたいなもの)でしかないと決め付けている感さえあります。なんといっても、禁酒法を施行したことのある国ですし(^^;

アメリカでは、多くの州で屋外での飲酒が禁止されていて、違反すれば警察に通報されます。

酔っ払いが路上や電車の中でクダをまいたりすれば、警察に通報されて留置所行きになることもめずらしくありません。

飲酒運転に対する規制は厳しく、ドライバー本人が飲んでいなくても、車内に酒のビンやカンが置いてあるだけで罰せられます(^^; (トランクの中ならOK)。

未成年者の飲酒に対する規制も厳しく、違反した店も厳しく罰せられます。

また、日本人とアメリカ人では、もともと体格差があるうえに、体質的にも欧米人のほうがアルコールを分解する能力が高いそうです。

こうした規制と体質的な違いから、アメリカでは、酔っ払ってクダをまいたり、路上で吐いたりする人は、ほとんどいません。浮浪者なら別ですが(^^;

そのため、もしそういう事をすれば、欠陥のある人間としてレッテルを貼られることになります。

さらに、文化的・社会的な、考え方の違いもあります。

酒の席は無礼講だという考え方はなく、社内のパーティで酔っ払ってハメをはずしたりすると、問題のある人間というレッテルを貼られ、白い目で見られます。

日本では、「私はお酒に目がないんですよ。」と公言しても何ら問題ありませんが、アメリカでは自制心のない人間と思われたり、場合によってはアル中と誤解される危険性もあります(^^;

日本では酒の席で「晩酌はよくされるんですか?」とか、「(お酒は)よく飲まれるんですか?」とか、「(お酒は)いけるくちですか?」とか「(お酒は)お強いんですか?」といった質問をすることは何の問題もありませんよね。一種の社交辞令みたいなものです。

ところが、アメリカ人にとって、これらはすべて、かなり失礼な質問ですので注意が必要です。(ごく親しい人が尋ねる場合なら話は別です)

ひとつめの理由は、アメリカ人にとって飲酒に関する質問は、自分のプライバシーを詮索する質問だと感じられるからです。そのため、相手と親しい関係でなければプライバシーの侵害になります。

ふたつめの理由は、「酒が好き」とか「よく酒を飲む」 というのは、間接的に、自制心の無さとアル中を連想させる言葉だからです。また、「酒が強いかどうか」に関する質問は、通常、相手の精神的・肉体的なスタミナに疑問をなげかける失礼な質問だと受け取られてしまいます。とくに男性の場合は、そういう傾向が強いです。

英米社会では、「男はマッチョ(強い男)でなければならない」という考えを子供のころから植えつけられている人が多いですから、酒が強くて当然な(というか強くなければマッチョではない)わけです。そのため、酒が強いかどうかわざわざ尋ねるのは、相手をマッチョではないと見なしている(=バカにしている)、という受け取りかたにつながるわけです。

ただし、例外もあります。

大学生くらいの若者たちの場合です。この年齢層の人たちは、酔っ払うことが目的で酒を飲み、ドンチャン騒ぎをすることもありますし、酔いつぶれることもあります。周囲の大人たちも若者だからと大目に見る傾向があるようです。

若者たちの間では、どれだけ酒を飲めるか(酒が強いか)が話題になることも多いですし、仲間にそういう質問をすることも通常は何も問題ありません。でも、相手が若者でなければ、飲酒に関する質問は、なるべく控えたほうが無難です。

とはいえ、飲酒がらみでも何ら問題の無い質問もあります。

"Do you drink? (お酒は飲まれるんですか?)
"What do you think of this wine?"(このワインはどうですか?(=好みに合いますか?))
"Do you like this beer?" (このビールは好みに合いますか?)

・・・などです。

なお、言うまでもないかとは思いますが、「飲みに行かない?」 とか、「お酒を注ぎましょうか?」とか、「飲み物(お酒)はいかがですか?」といった質問はまったく問題ありませんので、安心してくださいね。

今回は、アメリカを引き合いに出しましたが、他の欧米諸国も飲酒に関する考え方は、基本的に同じです。「文化摩擦」が起きないよう、注意したい分野ですね。

<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
 英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
 英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
英語ブログ 英語学習者 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。

[ 2007/06/05 16:50 ] パーティの英会話 | TB(0) | CM(11)

無料英会話教室: シャツのボタンを掛け違えてるよ。 



昨日の「英会話実力テスト」に出題した「ボタンをひとつ掛け忘れてるよ」(You missed a button.)に関連して、「ボタンを掛け違えてるよ」という表現を取り上げてみたいと思います。

「ボタンを掛け違えてるよ」という意味の英語は、表現のバリエーションがいくつかありますが、button (ボタンをかける)という動詞を使うことでは共通しています。

Your shirt is buttoned wrong.
(シャツのボタンが間違って掛かってるよ)

Your shirt isn't buttoned right.
(シャツのボタンが正しく掛かってないよ)

Your buttons are crooked.
(ボタンが不揃いだよ。)

You've buttoned your shirt crooked.
(シャツのボタンを不揃いに掛けてるよ。)

Your shirt is misbuttoned.
(シャツのボタンが間違って掛かってるよ。)

You misbuttoned your shirt.
(シャツのボタンを間違って掛けてるよ。)

で、今回、どの表現が一番ポピュラーだと感じるかをネイティブの人たちに聞いてみました。

その結果は、どんぐりの背比べという感じですが、あえて言えば、Your shirt is buttoned wrong. が一番よく使われる表現のようです。

面白いのが misbutton で、大きな辞書には載っている単語なんですが、「初めて聞いた」というネイティブも何人かいました。

しかし、「初めて聞いたけど、言われれば意味は分かる」とか、「初めて聞いたけど、シャレた言い方だね」という反応が返ってきたんです。どうやら比較的最近、使われるようになった言葉のようです。

もともと misbutton を知っていた私としては、興味深い反応でした。
ついにネイティブのボキャブラリーを超えたかな?(笑) 

というのは冗談で、実際は、まだまだ知らない言葉が
たくさんあります(汗)  

もっとも、あえて覚える必要のない言葉も多いんですが(^^;

<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
 英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります       

英語学習ランキング
 英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
みんなの英会話奮闘記 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。

[ 2007/06/04 17:02 ] 家庭生活に関する英会話 | TB(0) | CM(6)

英会話実力テスト(既出表現の復習) 

毎週、日曜日は、既出表現の復習です。

繰り返し復習して、英語表現を自分のものに
していってくださいね。


■以下の日本語を英語で言ってみてください。

  ※すべて既出表現なのでヒントはナシです。


1.ごめんなさい。つきあってる人がいるの。


2.もうすぐ7時になるよ。   


3.やったぜ!


4.社会の窓が開いてるよ。


5.ボタンをひとつ留め忘れてるわよ。


6.たいていコンタクトをしています。



答えは、下のほうに記載してあります^^


<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
 英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります       

英語学習ランキング
 英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
みんなの英会話奮闘記 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報

 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。



■答え (解説等については過去記事をご参照下さい)


1. I'm taken.
   または
   I'm seeing someone.
   I'm going out with someone.
   I have someone.
   I found someone.
   I'm with someone.
       There's someone.


2. It's almost seven.


3. I made it!
   または
   I've made it!
   I did it!
   I've done it!


4. Your fly is open.
   または
    XYZ.


5. You missed a button.


6. I usually wear contacts.
   または
   I usually wear contact lenses.


日本語を見て、英語がスラスラ出てきたでしょうか?

なるべく瞬間的にスラスラ言えるようになるまで
練習してみてくださいね^^


[ 2007/06/03 19:26 ] 復習編 | TB(0) | CM(8)

無料英会話教室: make coffee と brew coffee の違い 

前回の記事で、"I'll make (some) coffee" が良く使われる表現であるのに対し、"I'll brew (some) coffee" はあまり使われないという話をしました。

せっかくですので、今回はその理由についてネイティブたちの見解をご紹介したいと思います。

ひとつ目の理由は、"I'll make (some) coffee" のほうが、"I'll brew (some) coffee"よりも言いやすいことです。

「え?そんな理由?」と思われるかも知れません(私も聞いたときは笑いました^^)が、言いやすさって、ネイティブたちにとっても大切みたいです。

次は、make は料理関係の万能選手(他の動詞の代替として幅広く使える便利な動詞)なので、ついつい make のほうを使いがちだという理由です。

(例) bake cookies (クッキーを焼く)= make coockies

3つめの理由は、make と brew の意味の違いです。

"brew coffee" だと・・・コーヒー豆を挽いたり、コーヒーメーカーをセットしたりなど、手間ひまをかけて本格的なコーヒーを入れるという感じがするようです。

それに対し、"make coffee"は、"brew coffee"も含めたもっと一般的な言葉で、インスタントコーヒーを入れる場合にも使われます。

make は、どんな入れ方をしようと構わないので、そういう意味でも幅広く使えるんですね。

これに関連しますが、brew は手軽に入れられるコーヒーよりも、もっと手間がかかる紅茶などのほうに適していると主張するネイティブもいます。

とまあ、そんなこんなで、 "I'll make (some) coffee" のほうがよく使われるわけです。

辞書に書いてある意味は同じでも、よく使われる表現とあまり使われない表現というのがたくさん存在するわけですが、その背後には、こういった様々な理由があるわけです。

こうしてみると、なかなか興味深いですね^^

<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
 英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります       

英語学習ランキング
 英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
みんなの英会話奮闘記 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報
 
いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。


[ 2007/06/02 13:43 ] 食事・料理の英会話 | TB(0) | CM(6)

無料英会話教室: コーヒーでも入れるね。 

食事・料理関係の英語表現の続きです。


■英語で言ってみよう!


コーヒーでも入れるね。


   さて、ネイティブ・スピーカーなら英語で
   何と言うでしょう。

   答えを見る前に、ヒントを参考にして 
   自力で英語表現を考えてみてくださいね。


    ヒント1: "I" を使います


    ヒント2: "will" を使います


    ヒント3: "coffee" を使います



        ↓



■ネイティブの英語: 

I'll make some coffee.

この場合の will は、「その場の思いつき」か、もしくは
「自発的な申し出」 です。どちらのニュアンスになるかは、
文脈によって決まります。

will の用法に興味のあるかたは、未来を表す英語表現
ご覧ください。

"make coffee" で「コーヒーを入れる」 です。

この場合、"make cofee" でも "make some coffee" でも
ほとんど意味は変わりません。ですから、some を入れなかった
から不正解ということにはなりません。

ただし、あえて言えば、どういう状況で使うか、に関しては
違いがあります。

I'll make coffee. と言うのは・・・

その場にいる人たちが、コーヒーが出てくることを期待(予想)
している場合です。

例えば、みんなが晩ごはんを食べ終わって、次はコーヒー
タイムかな? という時に、「じゃあコーヒーにしましょうね。 」
という感じです。

それに対し、

I'll make some coffee. は・・・

その場にいる人たちが、コーヒーが出てくることを予想
していない場合に使います。

例えば、みんなが集まって、談笑しているとします。
ちょっと会話が途切れたときに、「コーヒーでも入れるね」
という感じです。

なお、"brew cofee" も、「コーヒーを入れる」という意味ですが
こういう場面で使うのは、ほとんどの場合 "make coffee" の
ほうです。

        
<クリックして一票入れて頂けると、とても嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓ ぜひ、よろしくお願いします>


人気blogランキング 
 英語・英会話情報・英会話教室情報が無料で手に入ります

英語学習ランキング
 英語学習・英会話教室に関する様々な情報が満載です
                    
みんなの英会話奮闘記 
  がんばってる人のための英語・英会話・英会話教室情報

いつもクリックありがとうございます。感謝いたします。



[ 2007/06/01 15:09 ] 食事・料理の英会話 | TB(0) | CM(8)




SEO対策:英会話 SEO対策:英語 英会話教室なしで英語・英会話を習得するブログ。日常英会話・ビジネス英語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。